ウグイス
 
      
  ヒメオドリコソウ
 
      
 生田神社の八重桜
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
        2012年 春 ( 2 )   *
 41  目にも見よ 耳にも聞けや 春は来ぬ
 42  日当りて 鳩の群れ来る 春の園
 43  鶯の 見えみ見えずみ 定めなく
 44  鶯の 木末(こぬれ)伝ひに 鳴きにける
 45  犬ふぐり 犬が用足す 道の傍
 46  犬ふぐり 我執強きを 恥じをりて
 47  醜草と 言うも哀れや 犬ふぐり
 48  ぬかるみに 足をとられて 花の人
 49  灯の入りて 薄くれなゐの 桜かな
 50  飛騨に春 屋台囃子も 賑やかに
 51  高山の 祭屋台の 曳き揃ふ
 52  春雨や ともに濡れたき 路地が裏
 53  春雨に 濡れたる髪を 掻くあぐる
 54  桜散る 背なが寂しき アウトロー
 55  花散るや うるさきほどに 咲き満ちて
 56  散る桜 思い残すも あらざりて
 57  六甲の 山より暮れて 春月夜
 58  春の木の 樹液流るる ゆるき音
 59  囀や 我も鳥語の 輪の中に
 60  暖かや いにしへ人の 贈り物
         埋蔵文化財センター
 61  神地神戸(かんべ) 朱塗り神殿 八重桜
         生田神社
 62  名にし負う 生田が杜の 八重桜
 63  龍馬行く 神戸が沖も 春怒涛
         神戸海軍操練所記念碑
 64  帆を揚げよ 菜の花沖に 舵を切れ
         嘉平 本店の地
 65  牧の昼 羊抱かれて 毛を刈らる
 66  牧なかを 縦横斜め 青き踏む
 67  青き踏む 牧羊犬の 駈けし丘
 68  寄す波に 色も褪せたる 桜貝
 69  かけるべき 言葉もあらで 花蘇枋
 70  葱坊主 無能無才の 輩にて
 71  小手毬や 路地に聞こゆる わらべ歌
 72  振り向けば ひらりと返す 燕かな
 73  戯れて 濡れ羽つくろふ 雀の子
 74  葺合の 民話が里に 春惜しむ
 75  白拍子 祇王が舞に 春惜しむ
 76  青年よ ふるさと捨てて 青き踏め

      2012年 春(1)へ  TOPへ  2012年 夏(1)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2014年…冬1 / 2 / 3  秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5
      春1 / 2 / 3  セレクション/新年・冬1 / 2
 2013年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2012年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2011年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬1 / 2
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2003〜2010