旧ジョネス邸
 
        
  旧グッゲンハイム邸
 
      
     ユスラウメ
 
      
    蛸 壺 
 
       
    恋人岬
 
       
 入道雲  於:五色塚古墳
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
        2013年 夏 ( 2 )   *
 43  梅雨湿る 浜に古りたる ジョネス邸
 44  梅雨晴間 グツゲン邸は 海に向き
 45  潮騒の 聞こゆる館 夏燕
 46  さみだるる 垂水が淵の 細き道
 47  白班の 薮蚊出で来る 無縁塚
        源平合戦戦歿者供養塔
 48  ががんぼは 鳴かず動かず 血を吸わず
 49  桑の実の 甘く酸つぱく 懐かしく
 50  今様の 菓子より旨き 桑苺
 51  桑の実の 黒き汁つく 顔となる
 52  ゆすらうめ ふふみし後の おちょぼ口
 53  楊梅の 口に入るるは 三粒まで
 54  楊梅の 落つれば鳥も 啄ばまず
 55  蛸壺に 藤壷の跡 残りをり 塩屋港
 56  蛸壺に 耳を寄せなば 潮の音
 57  夏帽を 押さえて沖の 波を見る 恋人岬
 58  前方の 海後円の 入道雲 五色塚古墳
 59  海峡の 見ゆる古墳や 雲の峰
 60  月並の 俳句ばかりや 日日草
 61  夏の日や 兵庫運河の 底あかり
 62  白日傘 差して前行く 脚美人
 63  君が目に 映る夕焼の 美しかる
 64  夕暮れて 芸妓浴衣の 小紋柄
 65  納涼床 芸妓は赤き 帯締めて
 66  酔ひほのか 有馬納涼 川座敷
 67  夏の夜や 街陰青き 北野坂
 68  暑き日や 吾子ロンドンに 游学す
 69  神祝す 汝が汗の 輝く日
 70  宮城野の 風の涼しと 娘の便り
 71  異郷異国 子等それぞれの 盛夏かな
 72  大暑来る 忍ぶに忍び がたき身に
 73  日盛りや ふたつ鳴りたる 古時計
 74  轟きて 清く澄むみたる 滝の音
 75  蝉しぐれ 外ツ人偉業 はやすかに
            外国人墓地
 76  山里や うるさきほどに 蝉のこゑ
 77  峰雲の 崩るる際の 風の綾
 78  ここは字 中一里山 夕立来る しあわせの村
 79  転寝して 音きくのみの 遠花火
 80  遠花火 古女房の 深情け
 81  円陣の ほどけて熱砂 舞ひ上がる
 82  炎天下 剛球巧打 好走塁
 83  夕焼に うまし夢見し 少年よ
 84  閑さや 耳をすませば 滝の音
 85  夏座敷 座して定まる 庭の景
 86  サングラス 外してシャイな 顔となる
 87  照る時も 雨降るときも 夏無情
 88  万雷に 頭の芯も 痺れしと
 89  原爆忌 流す涙も あらざりて
 90  膝頭 出して爪切る 夜の秋
 91  赤茶けて 煮詰まるごとく 晩夏光
 92  着古しの シャツの綻び 夏終る
 93  夏終る 心定まる こともなく

       2013年 夏(1)へ  TOPへ   2013年 秋(1)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2014年…冬1 / 2 / 3  秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5
      春1 / 2 / 3  セレクション/新年・冬1 / 2
 2013年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2012年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2011年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬1 / 2
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2003〜2010