ギシギシの花
 
      
  キョウチクトウ
 
     
須磨寺・仁王力士(阿形像)
 
     
須磨寺・仁王力士(吽形像)
 
     
     塩屋港
 
    
   サビキ釣り
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
         2014年 夏 ( 4 )   *  
 125  目覚むれば 部屋の中まで 蝉時雨
 126  蝉時雨 近きの止めば 遠きより
 127  太陽に 焦がれるやうに 蝉鳴けり
 128  糞ころがし 意外と受ける 自虐ネタ
 129  日盛りや 雑草すらも 萎れたる
 130  木下闇 原初の記憶 蘇る
 131  夕焼空 須磨に古りゆく 寺の塔
 132  ザリガニや 河童ゐるやも 知れぬ池
 133  大沼の 濁り淀みに 夏蛙
 134  羊蹄の 花は枯れても 賑賑し
 135  スパイスの 効いたカレーを 暑き日に
 136  夾竹桃 地の炎ゆるほど 日の照りて
 137  里外れ より山寺へ 蝉時雨
 138  仰向けに 寝入る柴犬 大暑来る
 139  大暑来る 阿形吽形 仁王像 須磨寺
 140  大暑来て 阿吽仁王の 干からぶる
 141  片陰や 家の鬼門に いけず石
 142  炎天へ 影持つ身をば 呪ひつつ
 143  夏の日や 五色に光る 葺かれ石
             五色塚古墳
 144  潮引きて 海の香強き 夏の磯
 145  炎昼や 潮の香強き 漁師町
 146  片陰の 幅ほどもなき 蜑の路地
 147  波止岸に 凪浪寄する 暑さかな
 148  乾上りて 夏日に透くる 明石蛸
 149  素潜りで 生蛸を採りて 漁師の子
 150  潮焼けて なれは海の子 塩屋の子
 151  繋留の 小船一艘 波止灼くる
 152  炎昼や 潮の香強き 摩耶埠頭
 153  夏港 波陽炎の たゆたひて
 154  束ね髪 ほどけば夏の 潮香満つ
 155  夕凪や ヨットの水尾の かすかなる
 156  海峡を 黄金に染むる 夕焼かな
 157  吊橋も 我も金色 夕焼なか
 158  大夕焼 空は火の色 恋の色
 159  大夕焼 迦陵頻伽の 夢飛翔
 160  大夕焼 西に阿弥陀の 浄土あり
 161  大夕焼 峡の山より 暮れ初みぬ
 162  埠頭より 一万発の 揚花火
 163  暑き夜や 小指からめて 約束す

      2014年 夏(3)へ  TOPへ  2014年 夏(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2014年…冬1 / 2 / 3  秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5
      春1 / 2 / 3  セレクション/新年・冬1 / 2
 2013年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2012年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2011年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬1 / 2
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2003〜2010