トカゲ
 
       
   自作シーサー
 
      
    神戸大橋
 
     
   ハーバーウォーク
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
         2014年 夏 (5)   *  
 164  布引の 谷の奥処に 滴れる
 165  谷涼し 白布となりて 水走る
 166  囁くは 風か佳人か 昼寝覚
 167  老いらくの 恋を夢見し 昼寝覚
 168  夢見しは 蝶か荘子か 昼寝覚
 169  決めかねて 迷ひ疲れて 時計草
 170  目つむれば 見ゆるものあり 時計草
 171  日日草 忘却といふ 日日薬
 172  無人駅 カメラ目線の 蜥蜴ゐて
 173  身ほとりに青あるだけの夏休暇 宮古島
 174  シーサーは 魔除け獣神 海に雷
 175  不意客に ゐずまひ正す 夏座敷
 176  帰省子は 山の子(こ)孫は 都会の子
 177  山寺や 原生林の 蝉木霊 太山寺
 178  夕焼雲 港に架かる アーチ橋  神戸大橋
 179  明石門の 西日呑み込む 播磨灘
 180  大西日 西安門の 人ごみに
 181  涼風や 神戸たそがれ 浜の道          
 182  浜涼し はねつこ橋に 灯がともる
 183  美味なるや 心尽くしの 夏料理
 184  湯名残を 冷ます川の辺 夏の宵
 185  夏の夜や 湯浴みが客の 下駄の音
 186  妻の留守 調理に掃除 夜濯も
 187  庭手入れ 麦藁帽の 影動き
 188  暑き日も 倦まず弛まず 励みけり
 189  道連れの 肩ふれあふも 夜の秋
 190  夜の秋 遠廻りして 帰らうか
 191  人工の 島のかなたに 雲の峰
 192  跳ね橋の 陰の傾ぎて 雲の峰
 193  雲の峰 雨意は空より かけくだる
 194  空黒く 雨脚白き 大夕立
 195  石塔の 濡れそぼつほど 大夕立
           敦盛塚
 196  落雷に 胸腔六腑 激振す
 197  落雷や 大和男児も 肝冷やす
 198  晩夏光 地中に眠る 土器土師器
 199  熟考の 末の優柔 夏終る
 200  夏終る 一願成就 地蔵尊
          北区・やきもち地蔵
 201  夏終る 空を悲色に 染めしまま

       2014年 夏(4)へ  TOPへ  2014年 秋(1)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2014年…冬1 / 2 / 3  秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5
      春1 / 2 / 3  セレクション/新年・冬1 / 2
 2013年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2012年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2011年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬1 / 2
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2003年〜2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2003〜2010