ミノムシ
 
        
   アシナガバチの巣
 
     
   吾亦紅
 
          
   兵庫大仏
 
       
    清盛の丁石
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
         2014年 秋 ( 5 )   *  
 168  霧深し 昼舷灯の かすむほど
 169  早走る 船はあらじも 霧が海
 170  霧晴れて 六甲山姿 明らかに
 171  樹下に落つ 葉切れ折れ枝 野分過ぐ
 172  蓑虫の 蓑の濡れたる 夜半の雨
 173  蓑虫の 鳴がば妻恋ひ 虫が唄
 174  秋天へ 女王蜂の 婚姻飛
 175  アドリブを 効かせて秋の ジャズバンド
 176  須磨の秋 一目百薬 なりしとも
 177  秋逍遥 関守石に 止めらるる
 178  これまさに 良辰美景 菊薫る
 179  これがまあ 我が家の贅か 菊一輪
 180  柿の秋 奥六甲の 里棚田
 181  丹生山の 風が磨きし 次郎柿
 182  雀来て 遊べる野辺や 草は実に
 183  次世代へ 百花にまさる 野草の実
 184  縦走路 それし山路の 秋深む
 185  六甲の 深山奥山 秋深し
 186  山の藍 海の青へと 秋の風
 187  梢にも 秋深みゆく 風の韻
 188  わけ入りて いづこともなき 秋の暮
 189  湯煙に 釣瓶落しの 湯山道
 190  長き夜に 涙ながらの 恋が唄
 191  枝下に 転がりもして 榠樝熟る
 192  熱からず ぬる過ぎもせず 榠樝の湯
 193  榠樝の湯 歌を歌はば 歌上手
 194  涙腺の ゆるび易しや 老の秋
 195  摩訶不思議 赤く熟する 万年青の実
 196  紫の 翳を潜めて 吾亦紅
 197  吾亦紅 ひと悲します 陰りもち
 198  吾亦紅 離れて咲きて 和するかに
 199  離れても 絆強きか 吾亦紅
 200  入日さす 故山思ほゆ 暮の秋
 201  雲は行き 水は流れて 暮の秋
 202  背伸びして 諸手に受くる 星月夜
 203  流星や 五蘊皆空 なりしとも
 204  大仏の 大耳に秋の 風の音 能福寺
 205  清盛の 丁石古りて 暮の秋
         清盛参詣道(丹生山)
 206  晩鐘の 響きて秋の 陰深し
 207  朝寒に 震え昼には 上着脱ぐ
 208  秋深し 隣も不正 領収書

      2014年 秋(4)へ  TOPへ  2014年 秋(6)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2014年…冬1 / 2 / 3  秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
      夏1 / 2 / 3 / 4 / 5
      春1 / 2 / 3  セレクション/新年・冬1 / 2
 2013年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2012年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬
 2011年…  秋1 / 2  夏1 / 2
      春1 / 2  セレクション/新年・冬1 / 2
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2003年~2010年… 俳子の俳句横丁 INDEX 2003~2010