六    甲    山                       *  * *

 

                    春…六甲の 春は曙 柔き風
                       六甲の 長き稜線 風光る

                       鳥雲に 裏六甲の 谷越えて

                       六甲や 少し遅れの 山桜

                       六甲の 樹木億兆 木の芽時
                       今まさに 輪廻再生 木の芽時

                       満員の ローカル電車 山笑ふ

                       一湾を 抱くがごとく 春の山

                       春光を 纏ひて森の 精踊る

                       六甲の 山より暮れて 春月夜

                       春霞 遠嶺が先に 瀬戸の海

                       東の 春まゆ月の 朝しじま


                    夏…柿若葉 水も空気も うまき里

                       六甲の 青葉若葉に 街埋む

                       青葉して 神しろしめす 山となる

                       万緑や 瑕疵細瑾の なきほどに
                       老鶯や 谷深うして 水清し

                       とく見よと 指差す見れば 蛍の火
                       老い蛍 川面に落ちて なほ光り

                       六甲を 歩き疲れて 花さびた

                       六甲の 表も裏も さみだるる
                       さみだれて 裏六甲の 濁り水
                       梅雨深し 砂防ダムにも 水満つる

                       白南風に 裏六甲の 谿こだま
                       峰雲の 白く輝く 夏となる

                       六甲の 秀峰夏の 雲を吐く
                       六甲の 山襞深く 滴れる
                       滴りて 裏六甲の 空蒼し

                       つきぬけて 裏六甲の 夕立雲
                       六甲も 摩耶もかき消ゆ 夕立かな

                       石古りて 外人墓地の 蝉時雨


                    秋…名月や 星稀(まれ)にして 風渡る
                       六甲の 黒き山塊 月青し
                       月出でて 風静山(かぜせいざん)を 揺るがさず
                       月明に 鎮みて暗し 武庫の山

                       トンネルを 出づれば山は 秋色に

                       六甲の 大尾根小尾根 鰯雲
                       上りあり 下りもありて 秋の雲
                       山やさし 秋風雲を 乱さざる

                       葉上の 秋光白き 山となる
                       爽かに 野掛け遊山 句吟行

                       椎の実を 踏むほかはなき 山路かな
                       実の薄き 毬栗ひとつ 拾ひけり

                       枯れゆくも 風吹くままに 野路の秋
                       わけ入りて いづこともなき 秋の暮

                       秋冷や 消えなんとして 明けの星
                       秋冷や 天に星屑 地に灯り

                       山装ふ 颯爽と行く 山ガール

                       谷紅葉 徳川道の 標石
                       六甲の 山高きまで もみいづる
                       錦秋や 六甲の峰 なだらかに


                    冬…日に黄金(こがね) 月に銀白 枯尾花

                       短日や 山より昏るる 裏六甲

                       悠然と 山仰ぎ見る 師走かな

                       冬晴や 奥六甲の 遠こだま

                       枯野行く 道なき道を あてもなく
                       冬枯れて 裏六甲の 忘れ水

                       山眠る 尾根行く人の 見え隠れ
                       鴨啼きて 野沼の鈍き 水明かり

                       山里に 低き空あり 冬ざるる
                       里は雨 山は初雪 薄化粧

                       六甲の 表は霙 裏は雪
                       雪晴れて 明るき空と なりにけり

                       六甲の 西端低山 寒茜
                       六甲の 黒き山影 寒北斗

                       寒月下 獣のやうに 咆哮す

                       霧氷林 朝日差し来る 魚屋道(ととやみち)
                       神戸とて 奥六甲は 瀧凍つる             俳子

                                                                            *  
                         ハイカーでにぎわう摩耶山・掬星台
             
                 
                   摩耶山・掬星台より望む神戸市街地         右上に見えるのが六甲アイランド
                             摩耶山天上寺
                      
                                   
            まやビューライン・ケーブルカー「にじあじさい号 」とすれ違う「ゆめあじさい号(手前)」
                           
                              
                            六甲山の山桜        撮影地:有馬街道(神戸市北区山田町小部妙賀山)
                                       
                                          
               神戸市北区鈴蘭台南町より六甲山を望む(写真中央の山が六甲山山頂)
                             
                                             
                            菊水山の紅葉
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

  写真と俳句で綴る
  神戸観光名所歳時記
 


    神戸の名所旧跡
       明石海峡大橋    生田神社   王子動物園
       花鳥園   北野町・異人館   神戸旧居留地   神戸空港
       神戸港   神戸南京町   神戸ハーバーランド
       五色塚古墳/大歳山遺跡/埋蔵文化財センター
       須磨  相楽園   長田・鉄人広場広場
       灘の酒蔵  布引の滝  布引ハーブ園
       福原京跡と兵庫津の道  湊川神社   六甲山牧場

    神戸市北区の名所旧跡
       有馬温泉   しあわせの村   森林植物園
       無動寺・六條八幡宮・箱木千年家   六甲山

    イベント
       インフィオラータこうべ   神戸ジャズストリート
       神戸まつり    神戸マラソン
       神戸ビエンナーレ   神戸ルミナリエ   帆船入港