霜
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
    2021年 新年・冬 ( 6 )   *  
 寄り目鮃に 反目の寒鰈
 寒鮃 ひれ動かすも へらへらと
 身じろきもせずや 底ひの寒鰈
 寒中に 湯気出るほどな 猿団子
 寒天へ アンパンマンの アンパンチ
 逢はざれば 今生の悔い 夕氷雨
 寒紅を 足してをみなの 意地通す
 糶市の 殺気の凍つる 朝まだき
 尾鰭なき鮪や 凍つるまま競られ
 燃えながら 凍つる炎の 深揺らぎ
 嗄れし 声を出さねば 凍つる夜
 泣きたしよ 溢るる泪 凍るまで
 ひとり夜に 唇かんで 忍ぶ冬
 吾子泣くな 泣けば狐が 魂奪ふ
 降る霜の 浮遊霊めく 星の夜
 灯さねば 心も凍つる 霜の夜
 霜の夜や こころ激しき 人と会ふ
 じんじんじん 霜降る夜は 臍を噛む
 深霜や 底抜けさうな 踏板に
 草の葉の かがやく鎧 霜の花
 霜白し 清貧といふ 貧しさに
 白々と マイナス五度の 寒月光
 寒月は 色をこぼさず 湯の匂ひ 有馬温泉
 寒月光 白く耀う 石舞台 杉本博司 「江之浦測候所」
 寒月下 君はいづこか なに思ふ
 寒三日月 深き闇より 光堂
 寒三日月 かざさば信濃 藤四郎
 夜々ごとに 細る寒月 かたもなし
 寒雷や 雄ねじ雌ねじの 噛みあはず
 寒雷や 天上の昏 きはだたせ
 酷寒の 闇にも鳥は 目を閉ぢず
 啓示乞ふ オーロラ燃えつ 凍つる夜に
 極北の 空を廻して 寒北斗
 寒北斗 天動説の 使徒となり
 銀河凍つ 天体地図の ひび割れて
 地球儀の うしろは夜か 星冴ゆか
 寒星や 姥捨山の 頂に
 寒星にわが血わが肉 くれてやる
 いざ行かむ 姥捨山の 寒き洞
 姥捨の洞や 這入れば冬ぬくし
 曙や 消えなむとして 星冴ゆる
 手鼻かむ 音さへ冴えて ひとりの家
 落つる首 それはさておく 寒椿
 庭未明 端より氷る 池の水
 蝉氷 羽化もできずに 水と消え

    2021年 新年・冬(5)へ  TOPへ   2021年 新年・冬(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1