霜
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2021年 新年・冬 ( 6 )   *  
 
 201  寒の夜の 奇跡起こせや 燐寸の火
 202  寒き夜や 寝返りうつも ままならず
 203  隠沼の氷るや 朝の淋しとき
 204  発すれば 地へと沈みて 声氷る
 205  気温表記に マイナスつけず 北の冬
     北海道では冬、気温9°といえばマイナス9°であることが多く、
     暖かい日は、ことさらにプラスをつけて、「きょうはプラス2°」と
     いうらしい。とにかく寒いらしい。
 206  寒の水破りて 寝惚け顔洗ふ
 207  寒き日や 両手に受くる 水尖る
 208  封ずれば 溢れて出づる 寒の水
 209  波立てる 水を均して 紙を漉く
 210  乳色の 水より薄黄の 手漉紙
 211  寒中や つゆも動かぬ 鯉の髭
 212  寒鯉の 水は重きか つゆ浮かず
 213  寄り目鮃に 反目の寒鰈
 214  寒鮃 ひれ動かすも へらへらと
 215  身じろきもせずや 底ひの寒鰈
 216  糶市の 殺気の沍つる 朝まだき
 217  尾鰭なき鮪や 凍つるまま競られ
 218  乾鮭の 吊られて無魂 無涙なる
 219  寒中に 湯気出るほどな 猿団子
 220  寒天へ アンパンマンの アンパンチ
 221  逢はざれば 今生の悔い 夕氷雨
 222  寒紅を 足してをみなの 意地通す
 223  燃えながら 沍つる炎の 深揺らぎ
 224  嗄れし 声を出さねば 沍つる夜
 225  泣きたしよ 溢るる泪 凍るまで
 226  ひとり夜に 唇かんで 忍ぶ冬
 227  吾子泣くな 泣けば狐が 魂奪ふ
 228  降る霜の 浮遊霊めく 星の夜
 229  灯さねば 心も沍つる 霜の夜
 230  霜の夜や こころ激しき 人と会ふ
 231  じんじんじん 霜降る夜は 臍を噛む
 232  しんしんと 霜降る夜や 星遠し
 233  草の葉の かがやく鎧 霜の花
 234  霜白し 清貧といふ 貧しさに
 235  白々と マイナス五度の 寒月光
 236  寒月の ひかり震えて 我を刺す
 237  寒月や ビル乱立の 街に住む
 238  寒月は 色をこぼさず 湯の匂ひ 有馬温泉
 239  寒月光 白く耀う 石舞台 杉本博司 「江之浦測候所」
 240  寒月下 君はいづこか なに思ふ

    2021年 新年・冬(5)へ  TOPへ   2021年 新年・冬(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1