鮒 釣
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 春 ( 15 )   *  
 561  水の面に 河馬の目ふたつ 暖かし
 562                     いばり
 馬の仔にして 大いなる尿の音
 563  羊水を 舐むる母猿 春の山
 564  摘草に ぬつと貌出す 羊かな
 565  膝裏の 窪みまろやか 児女の春
 566  忘れても いいことばかり 春日過ぐ
 567  逃水の そのまた先の ゆらめきに
 568  逃水を 追ふがごとくに 亡児追ふ
 569  逃水の 風の隙より 現れて消え
 570  逃水と なりたる人の 顔写真
 571  逃水を 追ひて明石の 両馬川
     両馬川は、清盛の末弟、平忠度が討ち死にした地。
     近くに、両馬川旧跡、腕塚神社、忠度塚がある。
 572  逃水を追ふに 三十六の計
 573  逃水の ゼブラゾーンに 阻まるる
     ゼブラゾーンは、右折レーン手前の導流帯。
 574  我いづこ 顔認証の 朧にて
 575  浮くほどに 水がおぼろの 深海魚
 576  見ないでと 云ひて気をひく 春の宵
 577  十字路を 抜けて春宵 交差点
 578  細き脚 食べて春窮の 蛸となる
 579  亀鳴けば わが魂ひとつ くれてやる
 580  零コンマ 一秒の間や 蝌蚪生まる
 581  池暗し 梵字となりて 蝌蚪泳ぐ
 582  手脚なき 蝌蚪が蛙に ならうとは
 583  蝌蚪の尾や 吾にも残りし 尾骶骨
 584  先生と もてはやされて 井の蛙
 585  捨て田いま 蛙や蝌蚪の 王国に
 586  放棄田の 声だけデカき 痩せ蛙
 587  臍隠せ 痩せ蛙には なるまいぞ
 588  蛙つがふ 半濁音の 声あげて
 589  蛙鳴く ありさうでなき 喉仏
 590  大仏は いつも半眼 目借時
 591  目借時 潜水河馬の 急浮上
 592  目借時 浮上河馬の 耳尖る
 593  水痩せの 沼の蛙や 声低し
 594  亀鳴くや 重なり合うて 首伸べて
 595  春池の 雲の中より 鮒跳ぬる
 596  鮒はねて 春池の水 うすみどり
 597  春の池 光の水に 溶けゆける
 598  水の輪に 沈む練り餌や 春の池
 599  水練りの 団子うましか 春の鮒
 600  釣り人の 見るは一点 春の鮒

    2021年 春(14)へ  TOPへ   2021年 春(16)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1