蘆の角
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 春 ( 16 )   *  
 池石に のりて静かや 亀の春
 泡の上に 泡吹きあげて 汐まねき
 汐まねき ラジオ体操 音頭かな
 寄住虫の 脚は十本 宿運ぶ
 殻でかき寄居虫 波にずり落ちぬ
 寄住虫に うちの宿六 後しざり
 寄居虫の 抜け殻ひとつ 忘れ潮
 魅入られて 磯巾着の 触手へと
 逃れ来て 磯巾着の 罠の中
 魚もがく 磯巾着の 毒手なか
 時速零超 いそぎんちゃくの 足動く
 汐干潟 ちさきものらが 湧き出でて
 服脱ぎて みんな健やか 磯遊び
 春磯や 山幸彦も 貝採りに
 潮干狩 海に大きな 尻向けて
 潮干狩 海の遠浅 あきらかに
 潮干潟 遠浅の水 平らかに 
 鉢伏の 山裾洗ふ 春の潮
 瀬戸内の 春の潮は 浜に沿ひ
 波うねる 春のめまひの 続くかに
 海峡の うしほはあれど 渦なせる
 親指の 指紋の中の 春の渦
 春潮や 沖ゆく船の ひと並び
 春の海 小舟に寝れば 柩めき
 人魚姫 ゐるやもしれず 春の海
 蘆の角 先の尖るを 風が砥ぐ
 銃眼を のぞけば田打の 民がゐる
 春の雷 もののはじめの 混沌に
 春の雷 おのころ島の 天垂れて
 春雷は 天に帰らず 地に落ちず
 尖塔の 光る十字架 春の雷
 龍天に登り 恵みの水を吐く

    2021年 春(15)へ  TOPへ   2021年 春(17)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1