白 樺
 
     
   モンキチョウ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 春 ( 21 )   *  
 801  百幹の竹 百幹の秋立ちぬ
 802  花林檎 いとしいとしと 言ふ心
     戀を分解すると、糸し糸しと言う心になる
 803  恋よりも 戀が重しか 花林檎
 804  また逢はむ 林檎の花の 咲くころに
 805  幹細き 白樺さびし 花貧し
    シラカンバの南限は愛知、静岡で、 西限は福井、岐阜県だと
    いわれている。森林植物園は圏外にあるので、
    シラカンバは、何年たっても大きくならない。
 806  柳絮とぶ 兵庫運河の 空高く
 807  垂柳に 地震の焦げ跡 柳絮飛ぶ 長田
 808  柳絮飛ぶ 流れ遊女の 細腰に
 809  許される ことの安らぎ 柳絮飛ぶ
 810  流し目に 枝もなびくか 糸柳
 811  糸柳 この世のことは 風まかせ
 812  松の花粉 太古の匂ひ 風にのせ
 813  中天に 並びて触れず 松の芯
 814  CかUか 視力検査の文字おぼろ
 815  思ふ猿 ゐれば四猿 春おぼろ
 816  朧より おぼろへ沈む 加齢脳
 817  虚と実の はざま朧に 脳溺れ
 818  おぼろ世や 叩きて直す 老い頭
 819  朧夜や まさぐる指も おぼろにて
 820  朧夜に 白き脱皮を くりかへし
 821  朧夜の 貝が蠢く 口開く
 822  朧夜の 朧がほどの 夢おぼろ
 823  朧月 遠くで霊が すすり泣く
 824  朧めくガス灯 扇都築地町 兵庫区築地町
 825  瓦斯燈の おぼろを今に 居留の地
 826  春月や 兵庫をのこに 須磨をんな
 827  春の月 須磨の山並み 眠らせて
 828  俳聖の 月こそ愛でな 須磨の春
 829  風呂敷に 包みて行けや 春の月
 830  ひんがしの 空にや細き 春の月
 831  春は曙 みなとに響く 長汽笛
 832  東京の 春は夕暮れ 摩天楼
 833  商ひは 三方よしの 春 となる
 834  待つことに 倦みてまはせり 春日傘
 835  スカートの 尻をふりふり 春日傘
 836  春まぶし セーラー服の 通る道
 837  8Kの 静止画像を 光り蝶
 838  とまりたき 花はいずこか 夜の蝶
 839  秘めやかや 花芯にかかる 蝶の息
 840  てのひらの 時間が止まる 蝶止まる

    2021年 春(20)へ  TOPへ   2021年 春(22)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1