春の雨に打たれる鳩
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 春 ( 7 )   *  
 241  紙風船 つけば古昔の 音がして
 242  そろり突く 紙風船も すぐ萎み
 243  紙風船 穴より抜くる 心意気
 244  風立つや 紙飛行機は 春天へ
 245  春風に 紙飛行機の 宙返り
 246  遠き日の 空へと放つ シャボン玉
 247  しゃぼん玉 ひとつひとつに 吾子の顔
 248  君へ吹く しゃぼんの玉の 割れやすし
 249  つかの間の いのちと知れて しゃぼん玉
 250  球形の 夢はうたかた しゃぼん玉
 251  しゃぼん玉 はじけて野辺の 風になる
 252  どの子にも 優しき春の 風となる
 253  川に来て くの字に曲がる 春の風
 254  春風や 美顔の少女 かけ抜くる
 255  坂道を 下る自転車 春疾風
 256  春疾風 噴火しさうな ニキビの子
 257  春疾風 竹の打ちあふ 音高し
 258  万華鏡 願ひを こめて 覗く春
 259  黒髪に 春風のせて 舞ひ来たる
 260  春ショール 両手ひろげて 鳥になる
 261  春ショール 抑へる指の 美しく
 262  吾子の春 あるかなきかの 喉仏
 263  虫籠窓より 春光と 海風と
 264  目つむりて 春日の赤き 薄まぶた
 265  早々と 抜いておこうぞ 芽草時
 266  万葉の丘や 乙女ら蓬摘む 平磯・万葉歌碑の道
 267  草餅に ふくらむ頬や 柔らかし
 268  芽柳や ここは城の崎 湯出の里
 269  山落ちて 谷筋踊る 春の水
 270  流れゆく 水に音あり 春の川
 271  せせらぎの 音も流れて 春の川
 272  春は来ぬ 風奏づれば 水歌ふ
 273  大河いま 知者楽水の 春となる
     論語「子曰、知者樂水、仁者樂山、
        知者動、仁者静、知者樂、仁者壽」より
 274  春水の 軽ろきに廻る 水車かな 灘目の水車
 275  ふるさとの 小川の音の おぼろなる
 276  春の水 器に添ひて のち溢る
 277  茅葺の 屋根に吸はれて 春の雨
 278  春雨に 濡れて清玄 桜姫 『桜姫東文章』より
 279  春雨と あなどる遠出 ずぶ濡れに
 280  春雨に うたれて鳩の 毛繕ひ
     春の雨が降りはじめると、鳩は、すぐには雨宿りせず、
     雨の中で毛をふくらませて雨にうたれ、身を清める。

    2021年 春(6)へ  TOPへ   2021年 春(8)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21/ 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1