蝉の穴
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 夏 ( 19 )   *  
 蝉や蝉 幼きころより 樹液吸ひ
 地の底の 暮らし暗きか 蝉の穴
 森闇に 蝉穴掘りて 出づるとや
 指入れて 余りに浅き 蝉の穴
 蝉穴を のぞく少年 羽化はまだ
 蝉穴の 地闇どこまで 続くやら
 山里の 音遠ざけて 蝉のこゑ
 うたたねの 夢のつづきの 蝉のこゑ
 耳鳴りの 奥へと沈む 蝉のこゑ
 飴色に なるまで鳴きて 蝉の夏
 爆心地 なるを知らずか 蝉高音
 蝉しぐれ 深き祈りは 声持たず
 諍ひの あとの淋しさ 蝉時雨
 樹液吸ふ 木の色に蝉 そまるまで
 深山蝉 鳴けば空まで うそ哀し
 死に蝉の 目玉乾かぬ 夕まぐれ
 夕蝉の 腹を見せての 大往生
 褐色に 夕日の透けて 蝉の殻
 空蝉の 背に殻抜けの 裂け目跡
 空蝉や 生家屋敷に 人住まず
 空蝉に すがりつくかに 蝉の殻
 木に揺れて 風に透けゆく 蝉の殻
 たましひの まだ残るかに 蝉の殻
 夕暮れて 空蝉なほも 木を掴む
 空蝉のそびら 淋しき風立ちぬ
 蝉むくろ 半角文字の 行列に
 笹舟に 蟻一匹の 大航海
 黒蟻が 真中を通る 須磨の関
 蟻走る 日向日蔭を 選ばずに
 兵隊蟻や 軍隊蟻を 迎へ撃つ
 覗きこむ われはガリバー 蟻走る
 蟻の列 コンフォーミストが ぞろぞろと

    2021年 夏(18)へ  TOPへ   2021年 夏(20)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1