風 鈴
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 夏 ( 31 )   *  
 1201  甚平着て 痩せ脛さらす やさをとこ
 1202  甚平や 短足なるを 恥ぢもせで
 1203  甚平着て 世のしがらみを 嘆く人
 1204  甚平着て あんぽんたんの 木偶の坊
 1205  万歳して 幼な子サマー ドレス脱ぐ
 1206  半ズボン 若き美脚を 惜しみなく
 1207  おはやうさん 青き網戸の 向かうより
 1208  街道を行けば町家の夏暖簾
     湯の山街道(三木)・旧玉置家住宅
 1209  京町家 すこし早おす 夏暖簾
 1210  古簾 声はすれども 姿なく
 1211  吊忍 揺れて駅前 弁当屋
 1212  色十色 ガラス風鈴 鳴りやまず
 1213  風鈴を買へば よき風ついてくる
 1214  しばらくは 風の離れぬ 軒風鈴
 1215  軒風鈴 道ゆく人に 福を分け
 1216  風褒めて 風鈴の音に 憩ふひと
 1217  一睡の 覚めて風鈴 音さやか
 1218  風鈴を はづせば絶ゆる 風の息
 1219  風鈴の 鳴らぬ間合ひの 長かりし
 1220  ゴム銃で 風鈴撃ちて 鳴らしけり
 1221  風鈴や 逢魔が時に 音を鎮め
 1222  夕さりて 風鈴いまだ 鳴らざりき
 1223  熱の子に 来る風柔し 母うちは
 1224  眠る子に 母の団扇も 眠りけり
 1225  魚に鰭 ひとには大き 水団扇
 1226  埒あかぬ ことは遠きへ 白団扇
 1227  嘘隠す 団扇の風の ひんやりと
 1228  媚びを売る 団扇の風の なまぬるく
 1229  古扇なれど 来る風新しき
 1230  嘆かしや ゆるりと廻る 扇風機
 1231  力みても 動かざる風 扇風機
 1232  人あへぐ これで全開 扇風機
 1233  諍ひのさなか 首ふる扇風機
 1224  十二支の 絵柄はなやか 走馬灯
 1235  走馬灯 廻りまはれば 猫も飽く
 1236  肩をもむ 籐椅子に母 座らせて
 1237  煮えたぎる 頭冷やせや 陶枕
 1238  寝屋の闇 剥がしてもなほ 熱帯夜
 1239  怪談や 真夏の夜の 髑髏
 1240  夏の夜や 謎が謎呼ぶ ミステリー

    2021年 夏(30)へ  TOPへ   2021年 夏(32)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1