カンゾウの花
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 夏 ( 33 )   *  
 1281  前の世は 薄翅蜉蝣 いまは姥
 1282  薄翅かげろふ 失ひしもの 軽からず
 1283  大西日 伸びて縮まぬ 劣化ゴム
 1284  西日さす アルミホイルの 裏表
 1285  向日葵や 駅裏通り 路地が奥
 1286  路地裏の 明るき奥や 向日葵黄
 1287  向日葵の 汗か泪か 一雫
 1288  萱草は 吹かれて色を 深む花
 1289  玄関に 立ててもよきは 帚草
 1290  逆立ちの君や 晩夏の逆光に
 1291  濃き影の 中に人あり 街晩夏
 1292  海よりの 風塩辛き 晩夏かな
 1293  老漁師に 晩夏の海の 匂ひかな
 1294  晩涼や 厚くなりたる つら皮に
 1295  炎熱や 無差別兵器 炸裂し
 1296  火の玉の炸裂 夏の空熔くる
 1297  炎天の 正中線を 直撃す
 1298  ゲルニカや 烈火炎熱 大爆音
 1299  超炎熱 最終兵器 大爆裂
 1300  炎熱の 極まりをれば 爆心地
 1301  人も木も 家も街路も 熔ける夏
 1302  天墜ちて 灰燼の街 夏炎ゆる
 1303  街灼けて 奈落が底の きのこ雲
 1304  夏激す あの日あの時 この場所で
 1305  空を這ふ 血みどろの手 夏死せり
 1306  烈光に なべてが消えて ピカドン忌
 1307  炎熱の街や 異形の影細る
 1308  街熔けて 人炎昼の 影持たず
 1309  ピカドン忌 劫火の川へ 水求め
 1310  水をくれ 命をくれと ピカドン忌
 1311  川底に 揺るる怨霊 ピカドン忌
 1312  川灼けて 水底の霊 たゆたへる
 1313  人間を 外れて叫ぶ ピカドン忌
 1314  死屍累々 むらがる蠅を 払へざる
 1315  炎帝や いくさ果つれば 獄焦土
 1316  「助けて」の 声も出せずに 終の夏
 1317  灼け仏 瓦礫の中に 目を閉ぢて
 1318  神ゐぬか 神狂ひしか ピカドン忌
 1319  焼き焦げし 皮膚が垂るるぞ ピカドン忌
 1320  死すことも 知らずに死せり ピカドン忌

    2021年 夏(32)へ  TOPへ   2021年 夏(34)へ

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1