タマスダレの花
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 夏 ( 36 )   *  
 1401  悲しびに 底なきことも 民喜の忌
 1402  目を焦がす 火の色深し 夏の花
 1403  夏の花 散れば民喜の 忌なりけり
 1404  空よりも 地よりも灼けて 慰霊の碑
 1405  原爆忌 故山へ続く 道遠し
 1406  風死すや 天地人みな 病めるがに
 1407  風死すや 線の香の 死臭めく
 1408  風死すや ドームの洞に 闇迫る    
 1409  風死して ドームにこもる 闇の声
 1410  風死して 被爆ドームの がらんどう
 1411  狂ひ蛾の 死を受け入るる 闇の愛
 1412  離れては 寄る流燈の 五六灯 季:秋
 1413  寄る辺なき 魂ぞ漂ふ 流燈会
 1414  流燈や 川面を惑ふ 魂いくつ
 1415  流燈や 声なきこゑを 聞く夕べ
 1416  流燈や 魂は川面を 離れざる
 1417  流燈や いのちの果ての 闇深し
 1418  晩夏光 死なば離るる 影背負ひ
 1419  扶桑花 玉砕戦の ありし地に
 1420  花なせば 紅も不気味に 扶桑花
 1421  ちちははの 墓に供へむ 玉すだれ
 1422  凌霄の 花の終りを 風ぞ告ぐ
 1423  病葉や 夢に破れし 頃もまた
 1424  無頼派を 気取りて闊歩 羽抜鶏
 1425  をんどりは 哀しきものぞ 羽抜ければ
 1426  羽抜鶏 うめど殖やせど 無精卵
 1427  ひと夏の 思ひ出残る 磁気ディスク
 1428  はますげや 沖に夕日の 落ちゆける
 1429  ひとり来て 小貝を拾ふ 夏の果
 1430  恋情の 波に引かるる 夏の果
 1431  夏果ての浜や 異国のごみ数多
 1432  言霊の 抜け殻あまた 夏終る
 1433  夏終る 流るる水に 影溶かし
 1434  足らぬもの 足すもかなはず 夏終る
 1435  メビウスの 輪より出でずよ 夏終る
 1436  死者誤入されて 法医の夏終る
 1437  夏終る 落ちるしかない 砂時計
 1438  海の辺の 日々は還らず 夏果つる
 1439  少しだけ 鉛筆ちびて 夏終る
 1440  夏終る そのまま残す 燕の巣

    2021年 夏(35)へ  TOPへ   2021年 秋(1)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019 
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018 
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016 
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015 
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014 
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1