グミの実
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 夏 ( 4 )   *  
 尾瀬歩く すでに影なき 水芭蕉
    50年前の初夏、何度も尾瀬に行きました。
    燧岳にも登りました。でも、水芭蕉を見たことがありません。
    いつもチグハグな青春でした。
 藻の花の 白きを洗ふ 川流れ
 あまざかる 鄙の垣間の 花卯木
 横書きの 日本語が好き 花かぼちゃ
 そら豆の 横一列の 薄みどり
 そら豆の むくを待つかに 飛び出しぬ
 桜桃を 啄む鳥の おちつがず
 柄のついた 惑星ふたつ さくらんぼ
 寄り来るは みんな良い子や さくらんぼ
 マジシャンや 指をどらせて 薔薇咲かす
 薔薇持てば 吾に変身の 誉あり
 凡にして 棘なき薔薇を 掲げ持つ
 紅唇に 紅薔薇寄せて 悪女ぶる
 恋果ての 今さしのべる 薔薇の花
 薔薇崩る 渦なす色も 芳香も
 死すもよし 紅薔薇渦の なかなれば
 傷得ても 得たきものあり 薔薇に棘
 覆面を とれば仮面の 薔薇剣士
 どす黒き背徳 薔薇の門に入る
 黒薔薇や 少年Aの 狂ひ皺
 薔薇散るや 庭に鮮血 喀くごとく
 樟落葉 踏みて葬列 粛々と
 懺悔なぞ 死んでもせぬは 花あふち
 花ざくろ 悪魔来りて 死を告ぐる
 花栗や 甘き果実の 匂ひして
 栗の花 こぼれて庭の 星明り
 花オリーブ 坂ゆるやかに 海へ延び
 山法師 しのびのごとく 山駈くる
 子供しか 知らぬ抜け道 蛇苺
 蛇苺 たれも拒まず 受け入れず
 たはむれに 木苺煮るや ジャムわづか
        むそとせ
 竹咲くや 六十年のけふ この時に
    竹の花が咲くのは60年に一度とも、120年に一度とも言われている。
    竹の花が咲くと竹林が枯れるらしい。
 逢へぬなら ずつと待つよの 竹の花
 竹の花 咲けば枯るるの 定めにて
 今生の この一瞬を 竹の花
 引き際は 竹に死に花 咲くやうに
 青梅や こころ若きは 尻とがる
 青梅の 尻美しき 神の宮
 茱萸の実を かざせばまろく 日に透けて
 茱萸の実の 喉元過ぎし 甘さかな
 夏蓬 ここはツンドラ 大平原
 マンモスの 滅ぶは昔 夏蓬
 大食漢 なりしマンモス 夏蓬
 死に絶えし 象への供物 夏蓬
 夏草や 牡牛は長き 舌伸ばす
 夏草や 休むことなき 牛咀嚼
 平飼ひの鶏や 夏草ついばみて
 夏草や 人の通はば 道となる
 草引くや 草強情の 力持つ
 草一里 草に埋まりて 草を刈る
 無念なり 根は刈りこめぬ 草刈機
 嵩高き 刈草燃せば 灰少し

    2021年 夏(3)へ  TOPへ   2021年 夏(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1