スズムシ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 秋 ( 10 )   *  
 361  秋の空 雲を数へて 切りもなし
 362  空に聞け どこまで続く 鰯雲
 363  全方位 眼下全景 岳の秋
 364  港より 須磨までひとり 秋を来て
 365  水澄みて 湖底の村の 家の跡 呑吐ダム
 366  曼殊沙華 丹生の山城 攻めたてて 丹生山城跡
 367  点々と 飛び火するかに 曼殊沙華
 368  落城の 火焔のごとく 曼殊沙華
 369  落城の秋や 破楼の空無辺
 370  萌えいでて 彼岸此岸の 彼岸花
 371  彼岸花枯れて 球根太りそむ
 372  実むらさき 昔美人の 面々に
 373  近づけば 風に揺れたる 蕎麦の花
 374  みちのくや 遊子かなしむ 蕎麦の花
 375  百代の過客や 暮れて蕎麦の花
 376  山里の 夕畑白し 蕎麦の花
 377  花終へて 三角立ちたる 蕎麦畑
 378  葉隠れに 隠元豆の 長々と
 379  影落ちて 桐の一葉の 音かすか
 380  桐一葉落ちて 天下の擾を知る
 381  桐一葉 はやりすたりの 激し世に
 382  桐一葉残りて 風に落ちもせず
 383  こほろぎや 穴にこもりて 夜を待つ
 384  暗がりの 閻魔こほろぎ 貌光る
 385  鈴虫や 草原深き 闇に鳴く
 386  鳴くぞえな 鈴虫箱に 囚われて
 387  虫の音や 寝入りかねたる 老い人に
 388  眠らずの 脳にしみいる 虫のこゑ
 389  夜な夜なの 深夜放送 虫しぐれ
 390  虫の闇 足の先より 眠気来る
 391  まどろみの 我に聞かせや 虫の吟
 392  虫籠に 囚はれの虫 声もなし
 393  邯鄲の 声まで透きて 薄みどり
 394  広き空 こひて鳴くかや 草雲雀
 395  馬追や ひと鳴きしては 飛び移り
 396  馬追の 鳴けば山家の 灯が消ゆる
 397  伏臥位の ばった軽やか 空を飛ぶ
 398  叶はざる 夢がぷかぷか 秋くらげ
 399  突堤の 鯊釣る人や 潮を読む
 400  潮引くや ダボ鯊とんと 当たりなし

    2021年 秋(9)へ  TOPへ   2021年 秋(11)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1