サンマ
 
     
  神戸すずらん歌舞伎
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
       2021年 秋 ( 11 )   *  
 401  ダボ櫨の 当たり消えたる 潮変はり
 402  鯊釣るや 波止の夕日の 落つるまで
 403  大魚釣る いでたちにして 鯊一尾
 404  弓手には撒き餌 馬手には鯵釣り竿
 405  入れ喰ひや 鯵の早朝 サビキ釣り
 406  生臭し 鱗はげたる 魚籠小鯵
 407  鰡遡る 海より汽水 淡水へ
 408  深海の秋 りゅうぐうのつかい来る
 409  スイミーよ 鰯は群れて なほ弱し
    レオ・レオニ作『スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし』より
 410  命とて トロ箱単位 鰯競る
 411  塩漬けの へしこ鰯を 糠漬けに
 412  糠漬けの 鰯へしこや 酒二合
 413  口開けて 阿鼻叫喚の 干鰯
 414  へこむ目で 睨むもありて 干鰯
 415  干いわし 藁一本に 吊るされて
 416  これでよし 夕餉に並ぶ 干鰯
 417  魚屋の猫や 秋刀魚の香をかがず
 418  下町の 一膳飯屋 さんま焼く
 419  さんま焼く 生なすものは みな叫ぶ
 420  火だるまの 秋刀魚うまきか 塩つぱきか
 421  多面相 てふに疲れて 孤苦の秋
 422  職辞すや 時の移ろひ 重き秋
 423  いま少し 愛をくだされ 赤き羽根
 424  にはとりの 胸より我へ 愛の羽根
 425  白き羽 むしり取られて 鶏の秋
 426  運動会 こころに体 追ひつかず
 427  村総出 少雨決行 運動会
 428  貰ひたる 御捻り投ぐる 村歌舞伎 神戸すずらん歌舞伎
 429  十三夜 栄華きはめし ひとの香に
 430  十三夜 遅れしあとの 残り福
 431  わが影と ふたりして行く 十三夜
 432  君添へば 四つの影行く 十三夜
 433  横顔に 母の面影 十三夜
 434  姥月や 逢瀬がための 夜を残す
 435  十三夜 ひと月前の 夜には似ず
 436  十三夜 人に遅れて ホ句の道
 437  ホ句の秋 よき言の葉は よく響き
 438  見えぬもの 見ゆるやうにや ホ句の秋
 439  知る人の あらば尋ねん ホ句の秋
 440  文弱の 徒にはならじと ホ句の秋

    2021年 秋(10)へ  TOPへ   2021年 秋(12)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…俳子俳句セレクション 2021
     新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34 / 35 / 36
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
      / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2022年…俳子の俳句横丁 INDEX 2022
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1