秋の雲
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 秋 ( 9 )   *  
 秋日傘 傾げて青き 空仰ぐ
 晴々と たたみて仕舞ふ 秋日傘
 山路来て いきなり広き 秋の空
 うしろ向く ことなく去りぬ 秋燕
 大海の 無量無辺へ 秋燕
 秋天や 大きものみな 無重力
 秋天へ 放つ繁殖 鵠の鳥
 風のごと 烏揚羽は 秋天へ
     カラスアゲハやキアゲハが、
     秋の菊水山山頂で遊んでいるのを何度も見ました。
 秋天へ のぼれば地へと 観覧車
 秋空の 戦争ごつこ 手が翼
 秋天の 虚空に墜つる 深思ひ
 一の字や しの字を引きて 秋の雲
 秋雲の 重なりあふも 層なさず
 絹雲は 空の羽毛か 羽衣か
 大海に小波 空には鰯雲
 鰯雲 小魚一尾の けふの幸
 空に聞け どこまで続く 鰯雲
 全方位 眼下全景 岳の秋
 港より 須磨までひとり 秋を来て
 水澄みて 湖底の村の 家の跡 呑吐ダム
 風曲がる 辻にひと群れ 秋桜
 曼殊沙華 丹生の山城 攻めたてて 丹生山城跡
 点々と 飛び火するかに 曼殊沙華
 落城の 火焔のごとく 曼殊沙華
 落城の秋や 破楼の空無辺
 萌えいでて 彼岸此岸の 彼岸花
 彼岸花枯れて 球根太りそむ
 実むらさき 昔美人の 面々に
 近づけば 風に揺れたる 蕎麦の花
 みちのくや 遊子かなしむ 蕎麦の花
 百代の過客や 暮れて蕎麦の花
 山里の 夕畑白し 蕎麦の花
 花終へて 三角立ちたる 蕎麦畑
 葉隠れに 隠元豆の 長々と

    2021年 秋(8)へ  TOPへ   2021年 秋(10)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1