ナマコ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 冬 ( 4 )   *  
 蜜柑捥ぐ 高きに生るは 爪立ちて
 皮を剥ぐ 蜜柑の尻に 爪たてて
 蜜柑むく おのが頭皮を 剥がすごと
 脱皮せよ 蜜柑の皮を むくやうに
 薬味にと 刻むも細く 九条葱
 白きより 青き先へと 葱きざむ
 イプセンの ノラにもなれず 葱刻む
 妻と吾の パワーバランス 葱刻む
 悔ひなしと いふにはあらず 根深汁
 人の世を 生くるも斜め 葱刻む
 煮えきらぬ かぶらのやうな 男かな
 切干や 乾きて軽ろき 我もまた
 箸休めには 大根の甘酢漬け
 冬料理 プロメテウスの 火を燃やし
 焼薯や アルミホイルの 薄焦げて
 焼薯や 大地の匂ひ 湯気なして
 あるだけの 光集めて 冬桜
 寄り目かも 鮃かれひの あいの子は
 猫またぎ てふは昔や 鮪糶る
 鮟鱇や 海の底ひの 亡者めき
 河豚ふくる ややこかはゆや あっぷっぷー
 針をもて つつきてみたし 河豚の腹
 箸をもて つつきてみたし 河豚の肝
 河豚毒に あたるがごとき 旨さかな
 手がはえて 蟹の足食ふ 冬の宿
 冬蟹の 殻の嵩ほど 腹満たず
 囚はれの なまこ憤怒の 水を吐く
 あつぱれや 海鼠切られて 潮を吹く
 身の内に 心がふたつ 海鼠喰う
 海綿の 死するを嗤ふ 海鼠かな
 開墾の 畑を捨てたる 農の冬
 遺体なき 柩重しか 枇杷の花
 神もまた し損じたまふ 枇杷の花

    2021年 冬(3)へ  TOPへ   2021年 冬(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1