柚  子
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 冬 ( 8 )   *  
 真東の 冬至窓より 光さす
 クロノスに 光したがふ 冬至の日
 冬至の日 空青くして 弱弱し
 冬至の日さして 内行花文鏡
 冬至の夜 養生訓を 手放さず
 終ひ湯や 腑抜けの柚子を 遠ざけて
 実なんてん 鞍馬天狗が 颯爽と
 実の赤き この実なんの実 青木の実
 クリスマス 待つ間も楽し シュトーレン
 イヴの燈を 揺らすときめき アマン来る
 クリスマス いつも身そばに ゐるひとと
 サンタはね パパというんだ ほんとはね
     阪田 寛夫 作詞 「サッちゃん」より
 飾るられて 夜に毳立つ 聖樹かな
 列島も わが身も縮む 冬の朝
 笹の葉の 平らに霜の 花盛
 煤逃の あとみよそはか 家綺麗
 杵の音 臼に落として 餅を搗く
 我は搗く 君はこねろや 年の餅
 年の市 小銭ばかりの 財布尻
 極月や 貧乏神に 追ひつかれ
 年の瀬も 昼は色なき 東門街 生田東門商店街
 右綯ひの 大注連の 固結び
 数へ日に 小銭数へて 日を読まず
 数へ日や 指折る孫の 片ゑくぼ
 古日記 日々鬱々の 蚯蚓這ふ
 思ひ出は 閉ぢてゆくもの 古日記
 年の冬 どうにもならぬ ことばかり
 けふこそは 今年こそはの 年暮れて
 身捨つる ほどの国かや 年暮るる
 断捨離の 最期はわが身 年暮るる
 いやなこと 忘れて軽ろし 年の暮
 ひととせの 過ぐるは早し 注連飾る
 年の瀬も 昼は色なき 東門街 生田東門商店街
 年の瀬の 表通りの 店閉まる
 年尽きて なほ老昏に 死にきれず
 欲捨てて 欲なほ残る 年一夜
 除夜詣 五欲滅する こともなく
 いとし子は 起きてか寝てか 除夜の鐘

    2021年 冬(7)へ  TOPへ   2021年 冬(9)へ

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1