枯れ尾花
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
      2021年 冬 ( 1 )   *  
 今朝の冬 いつものやうに 鳥鳴きて
 酒は悪し 吐き気もよほす 今朝の冬
 今朝の冬 両手に包む マグカップ
 トーストに バターがとろり 今朝の冬
 今朝の冬 フランスパンを 千切りかね
 犀の角 冬立つとこも 才長けて
 虚空より からくれなゐに 散る紅葉
 死に頃と 思ふ刹那も 冬紅葉
 散ることに 華やぎありて 冬紅葉
 冬紅葉 きのふの夢は 甘かりし
 抜け落つる ものみな軽し 木の葉髪
 みどりなすは 昔のことよ 木の葉髪
 木の葉髪 幼なじみに 会う日にも
 ひとりより ふたりが淋し 木の葉髪
 奥山は 風棲むところ 木の葉散る
 落つる葉に 心のあらば 哀のこゑ
 一木の ひと葉の散るや 全山へ
 落葉して 梅は上枝を はねあぐる
 散紅葉ためて 水なき手水鉢
 踏みしむる 足に弾力 初落葉
 凩の 見えざる鞭が 葉にしなふ
 凩が 残してゆきし 昼の月
 溪谷や 雲踏むごとき 落葉道
 座ること できぬ古椅子 落葉積む
 朽ちかけの 落葉に埋もる 歴史道 徳川道
 存らうて 今日晩年の 落葉積み
 ちちんぷい 賽銭箱の 濡れ落葉
 かはゆしよ 落葉ではらふ おやつ代
 赤や黄の 光集めて 落葉掻く
 落葉掻く 仕舞のつかぬ 庭箒
 眠さうな 煙すぢなす 落葉焚
 落葉焚く 命の果ての 煙立つ
 野の隅に 押しひしがれて 枯竜胆
 竜胆の 枯れて野末の うらぶるる
 葉も落ちて 唐くれなゐに 藍枯るる
 南へと 傾ぐ風ぐせ 枯尾花
 蕭蕭の 風に古りゆく 枯尾花
 七曜の 区別なき身や 枯尾花
 終に行く 道は細きか 枯尾花
 枯尾花 あの世の風に 靡くかに
 泡立草 真すぐに枯れて 倒れざる
 嗄れの庭に 冬菊なほ赤し
 枯菊や 色を残すも 混じりゐて
 冬あざみ 恋にうときを 恥ぢらひて
 世をいとふ 人こそよけれ 冬薊

    2021年 秋(19)へ  TOPへ   2021年 冬(2)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2021年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
        / 10 / 11 / 12 / 13
     春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23
     夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20
      / 21 / 22 / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29
      / 30 / 31 / 32 / 33 / 34
     秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
      / 12 / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19
     冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1