鈴蘭台より望む
   雪の六甲山
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
    2022年 新年・冬 ( 4 )   *  
 懐手 智者不言と うそぶきつ
 無精ひげ 撫でてよりかや 懐手
 小銃を しのばせ竜馬 懐手
 死の種を 宿して静か 冬籠
 よく喋り よく食べもして 女正月
 声あげて泣きつ 水洟すするひと
 水洟や 餓鬼大将の 袖が先
 くつさめや 胡散臭きを 吐き出して
 嚏すな 活断層が 動きだす
 風邪ひきの 淋しき夜は 鼻をかみ
 炎より 炎がのぼる とんどかな
 とんどの火 両目だるまの 周りにも
 大寒や 炊き出し飯に 湯気出づる
 地震元年 粥施行より 始まりぬ
 寒月や 身むちに残る 震度七
 寒地震の朝や わぎもが肩を抱く
 寒朝や 今も解かざる 心の喪 2022.1.17
 怒りても 諦めゐても 息白し
 悴めり 子の手を包む 母の手も
 寒き夜や 欠けても捨てぬ 夫婦碗
 ああでもなく こうでもなくて 霙かな
 雪催ひ 裏六甲の 空狭し
 海しぶく 奥須磨さぞや 雪ならむ
 べと雪の 吸はれて消ゆる 運河闇 兵庫運河
 雪激し 積もることなく 海に消え
 地吹雪や 白が視界を 突き抜ける
 奥山の 雪より白き 雪女
 天空も 大地もまろき 雪が原 北海道・十勝
 人ゐても 点にもならず 雪が原
 カーナビの 指示するままに 雪の道
 風雪の 稜線長し 攀じ登る
 雪浄土 とむらうし山 けふ越えず
    トムラウシ山は、大雪山系南部の標高2,141 mの山。
    「カムイミンタラ」(神々の遊ぶ庭)として崇められてきたが、
    遭難事故の多い山として知られる。
 雪嶺や 登りえずして 帰り来し
 柔らかに 音なく積もる 飛騨の雪 飛騨白川郷
 天穹の 雪はふはりと 地に届く
 雪吊の ゆるびてなほも 雪降れり
 肉球の 跡が点々 雪の朝
 転ぶひと 笑ひて転ぶ 雪の朝
 半身を 雪に埋めり 六地蔵
 老若も 男女も問わず 雪を掻く
 除雪夫や 空の重さに 背をかがめ
 掘りこめば ほのかに青き 雪の洞
 雪暮に 未練がましき 空明かり
 雪暗の 底ひが山家 赤子泣く
 遺書を書く 音なく雪の 積むる夜に
 雪原に死地あり 月に合掌す
 ひとりでは死ねぬか 冬の情死行
 新スキー 滑るもエアも 後ろ向き
   エアリアルは、空中演技を競うスキーのフリースタイル競技の1つ。
   バックで滑走して来て、空中で5回転して、後ろ向きに着地したりする。
   とても人間技とは思えない。北京冬季オリンピック 2022開催中
 Fly high 雪原に舞ふ 鳥となり
 パシュートの娘ら 冬の蜘蛛のごと滑る

  2022年 新年・冬(3)へ  TOPへ   2022年 新年・冬(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1