霜
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
    2022年 新年・冬 ( 5 )   *  
 空に星 畑に霜置く 峡の夜
 北限の 星見し夜や 霜深し
 強霜や 山家夜更けの 闇きしむ
 この道は いつか来し道 霜の道
 再びは 生まれ来ぬ世ぞ 霜一夜
 日に痩せて ひと夜に太る 軒氷柱
 暁光に ほのかに紅し 草氷柱
 これはもう 天女が絹衣(すずし) 草氷柱
 鳥舐むる 樹液の滲むる 枝氷柱
 霜柱 支えるための 人柱
 持ち上げて 崩れて消ゆる 霜柱
 霜柱 解けて残りし 土柱
 底冷や 老いが足より 忍びよる
 深闇に 星撒き置きて 天凍つる
 肩抱きて 諫め励ます 声凍つる
 寒晴へ 低き鼻梁を 突きあぐる
 寒晴へ つの突き出して 犀の息
 魂叫ぶ 凍裂音の 響く夜に
 寒月の 色を映して 甍波
 寒月下 胸に透きたる 骨に色
 寒月光 闇透き通る まで歩く
 寒月に 細りてさびし 影法師
 寒月光 鼻をつまめば 魔女になる
 人遠し 寒夜の月も 近からず
 寒月や 杉玉青き 酒蔵に
 烈風の 磨きし闇や 寒北斗
 寒北斗 地球まはれば 北天も
 極北の 空にしあれば 星冴ゆる
 南天に ひふみよーいつ 六連星
 凝縮の ひかり一点 寒昴
 星冴えて 眼下に街の 灯かりかな 摩耶山・掬星台

  2022年 新年・冬(4)へ  TOPへ   2022年 新年・冬(6)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1