いかなご船
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 春 ( 2 )   *  
 死の影を 背負ふ生なり 実朝忌
 魂抜けの 男雛女雛が 箱の中
 啓蟄の ビッグバンより 星出づる
 蛇穴を出て 長き身をもてあます
 竹とんぼ 早春の空 広すぎて
 早春の 旗振山や 海一望
 早春の すずろ心に 雨の音
 せせらぎて 春の鼓動の ごとき音
 風を見て いかなご船の 出港す
 沖未明 いかなご船の 波静か
 春暁や 巻き上ぐ網に 魚はねて
 いかなごの 怨嗟幾億 目を閉ぢず
 とれたての 鮊子買ひに 明石まで
 いかなごの 砂に潜るは 頭から
 いかなごや 砂に潜りて 顔を出す
 いかなごの 長き夏眠や 砂の中 季:夏
 谷戸百の ありしは昔 鴨帰る
 鴨帰る こちに和むを 拒むかに
 淡海の 空はみづいろ 鳥帰る
 鳥帰る 雲に引かれて 幾千里
 鳥帰る 何も変はらぬ 街残る
 鶴とほく 翔けて帰らず 里の春
 如月の 十日の月に 都落つ 『勧進帳』より
 きさらぎの 夜更けて闇の あをあをと
 三月の 光を織りて 山動く
 三月や 地球の軋む 音消えず 東日本大震災から11年
 渋柿の 幹に接木や 芽甘柿
 くれなゐの 色を濃くして 牡丹の芽
 くれなゐの 八塩色なる 牡丹の芽
 朝日子の 光まとふや 牡丹の芽
 牡丹の芽半寸 すでに花王めく
 芽牡丹に 花王たるべき 志
 女王の 目覚むるごとく 薔薇芽吹く
 掘割の 水に届かず 柳の芽
 まだ堅き 名草の芽にも 野の光
 春めくや 大地は草木 そだてそめ
 涙壺 いつかは春の 笑ひ花器
 神々の復活や 土器出づる春
 壁面の 青竜白虎 春の墳
 鍵穴を のぞけば春の 古代墳
 ビードロの 色は七色 春の色
 吾子すがる 春の木馬の たてがみに
 海川の 濁りを入れて 春運河
 教会も 宮殿もなき 島の春
 打橋を 揺らして春の 川渡る
 むきだしの 尻が愛らし 豚の春
 妖精や 信ずる者に 春が来る
 いろいろな 色が濃くなる 春ぞ来ぬ
 春や君 光となりて 野を駈けよ

  2022年 春(1)へ  TOPへ   2022年 春(3)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1