いかなご船
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 春 ( 2 )   *  
 死の影を 背負ふ生なり 実朝忌
 蛇穴を出て 長き身をもてあます
 風を見て いかなご船の 出港す
 沖未明 いかなご船の 波静か
 春暁や 巻き上ぐ網に 魚はねて
 とれたての 鮊子買ひに 明石まで
 鴨帰る こちになごむを 拒むかに
 あはうみ
 淡海の 空はみづいろ 鳥帰る
 如月の 十日の月に 都落つ 『勧進帳』より
 きさらぎの 夜更けて闇の あをあをと
 三月や 地球の軋む 音消えず 東日本大震災から11年
 ひもすがら ものぐさ太郎 春炬燵
 渋柿の 幹に接木や 芽甘柿
 鍵穴を のぞけば春の 古代墳
 ビードロの 色は七色 春の色
 いろいろな 色が濃くなる 春ぞ来ぬ
 春の指 顔を洗ふも 身装ふも
 八雲立つ 出雲が春や 君娶る
 連れ添ふる 君が歩幅に 春いくつ
 暖かや もしもしだけの 糸電話
 暖かや 地蔵の赤き 涎掛け
 こんにちはから さやうならまで 暖かし
 暖かや 湯上りの子の 湯気ほのか
 子を負へば 月なき夜も 暖かし
 耕すや 土の暦日 めくるかに
 耕すや 荒れ地になるを 諾はず
 耕すや 天地返しの 土笑ふ
 牧場を 駈けし羊や 春孕む
 片やオリーブ 此方ポパイや 菠薐草
 北窓を 開けば背山 柔らかし
 家中の 春の障子を 開けはなつ
 西郷や 花菜明りの 上に灘
    西郷は灘五郷のひとつ。
    他に、御影郷、魚崎郷、西宮郷、今津郷がある。
 月出でて 花菜畑の 西東
 空海の 跡訪ひたまへ 梅二月 弘法大師 修法の地
 西行忌 花の地獄に 囚われて
 西行忌 花の奈落へ 墜ちゆける
 天つ日に ゆるびて白し 梅の花
 白は下に 紅は目上に 梅を観る
 徒長枝を 剪らざるままに 梅の花
 鶯と 梅の連立 方程式

  2022年 春(1)へ  TOPへ   2022年 春(3)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
    秋1 / 2 / 3 / 4
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1