花菖蒲
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 夏 ( 10 )   *  
 江戸美人 ゐるやも知れず 菖蒲園
 遠きにも 堀切村の 花菖蒲
    歌川広重 「名所江戸百景 堀切の花菖蒲」
 真青なる 映し鏡や 花菖蒲
 あでやかや 水に色添ふ 花菖蒲
 紫の 色を競へり 花菖蒲
 黄菖蒲に 紫菖蒲 白菖蒲
 一花とて 同じ色なし 花菖蒲
 古風なる 名をば賜り 花菖蒲
 和の色を 配してみやび 菖蒲園
 万の目に ひるむことなし 花菖蒲
 流れざる 水の昏きに 花菖蒲
 花菖蒲 名札もつけず 群れ咲きて
 池の面の 影揺れやすし 花菖蒲 
 菖蒲園 一花の色の 強すぎて
 花菖蒲 雨の匂ひに 倦むまでを
 人去りて 風にも揺れず 花菖蒲
 花菖蒲 夜は無明の 闇が抱く
 秋待たず はやも実をなす 花菖蒲
 河骨の 水漬きながらも 黄を掲げ
 くちなしの花や 黙して黄ばむのみ
 捩花や 空にきざはし 架けるてふ
 俳句にも 文字摺草の ひとひねり
 捩花や茎はますぐに ぶれもせず
 紅花や 黄に咲きそむも 艶やかに
 紅花や 切なき色を 唇に
 背信の人 どくだみの庭またぐ
 熟れ落つる 李の園に 履を納る
 すもも食む キスするやうに 唇を寄せ
 酸つぱしよ 初の李も 初キスも
 梅雨きざす 電車の遠音 とどく夜
 太山寺 如来座像に 走り梅雨
 走り梅雨 喧嘩つ早き 人の背に
 走り梅雨 悪友がまた やつて来る
 迎え梅雨 荒くれ川の 新た堰
 迷路めく 裏町の路地 梅雨に入る

    2022年 夏(9)へ  TOPへ   2022年 夏(11)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1