イチハス
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 夏 ( 4 )   *  
 海からの 風が広ぐる 麦の秋
 痩せ畑の 神のいたづら 黒穂抜く
 麦秋に 置いてきぼりの 子がひとり
 田の神に 心で祈る 田植の夜
 人は堕つ 小判草てふ 地獄へと
 水郷の 雨に濡れたる 花あやめ
 紫の 匂ふがほどに あやめ濃し
 あやめ剪る 切れ味悪き 花鋏
 卯の花腐し 破れ垣根の 雨匂ふ
 気塞ぎや 卯の花腐し たることも
 卯の花腐し 籠り居に 気のふれて
 冥土への 土産によきか 竹の花
 こぼるるや 廃れし家の 花南天
 青梅の お尻キュートで はすつぱで
 あをによし 奈良の背山や 草青む 若草山
 儒礼せり 青芝陵に 手をついて
 万緑の中や ローカル電車行く 神戸電鉄
 万緑や 崖の上より ヤツホーホ
 下闇の 抜け穴のごと 沢一条
 正成の 自刃の地にや 青時雨 兵庫区楠谷町
 滴りは 山の泪に あらずして
 霊山に 滴りてより 海めざす
 滴りを我に 命のかれぬやう
 水底の 砂塵が乱舞 しみづ湧く
 泉湧く 音なく砂を 巻きあげて
 水踊り 水またしぶき 滝と落つ
 滝壺や 光の粒の 飛び散りて
 鰓呼吸 するてふ少女 青時雨
 折りとれば 乳汁しげき 夏薊
 蒲公英は 夏の二番花 三番花
 咲き継ぐる 夏たんぽぽの 花小さし

    2022年 夏(3)へ  TOPへ   2022年 夏(5)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1