アメンボのつがい
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 夏 ( 9 )   *  
 あめんぼは 水を磨きて 空磨く
 水上の ブレイクダンス 水馬
 雨の輪に 水の輪足して あめんぼう
 あめんぼの 水輪くづして 池の端まで
 六月や 鏡の奥に 狂気秘め
 水無月や 空まで水の 匂ひ満つ
 梅雨の川 岩越す水の 音溢れ
 水の上を 水が越えゆく 梅雨の川
 梅雨の朝 傘に押されて 会社まで
 梅雨の傘 しづく切りても 切りきれず
 雨垂れの 一滴ごとに 梅雨の音
 軒しづく 口あけて泣く 梅雨の夜
 悲しみの 数ほど増えて 梅雨きのこ
 死するかに 葉裏に眠る 梅雨の蝶
 茅の輪抜け 穢れなき身を 抜けきれず
 That's enough! 雨が筋なす 梅雨半ば
 梅雨晴間 行く手をはばむ 岩襖 芦屋ロックガーデン
 梅雨湿る けふもあしたも あさつても
 ワイパーが 見開く街や 梅雨の夜
 音なすは 雨垂ればかり 梅雨深し
 梅雨深し 智慧の道ゆく 女傘 須磨寺
 振り向けば 振り向きてをり 梅雨の傘
 海風の 塩気濃密 梅雨明けぬ
 梅雨明や 天辺も咲く 立葵
 立葵 齢に負けし 背を正す
 花びらに 釈迦を寝かせて 未敷蓮華
 全開の 蓮の花びら 十六枚
 白蓮の 玉座にほとけ 葉に蛙
  若くして 戦死せしとや 蓮の花
   若くして戦死するのを「散華」といって美化した時代がありました。
   散華とは、もともとは仏を供養するために華を散布することで、
   蓮の花を撒き散らして清め、仏を迎えるためのものでした。
 蓮の葉や 銀の雨つぶ 落ちもせで
 梅雨明けて 終の世に置く 忘れ傘
 雨明けて うだりぐだりの 永き夏
 孤を描く 水平線や 明易し
 咲けば散り やがて疎になる 凌霄花
 虎尾草は踏みても 虎の尾は踏まず
 咲けば散り やがて疎になる 凌霄花
 夏木立 真すぐに伸びて 幹太し 森林植物園・シアトルの森
 君も吾も 影を持たずや 夏木立
 ひんやりと 乾きし風や 夏木立
 夏木立 人の集へば 風なごむ
 水中の 花のなきがら 開き咲く
 瓶なかの 虚ろを埋めて 水中花
 瓶筒に 溺死せしより 水中花
 覗く目を 覗き入りたる 出目金魚
 鉢なかを 遅れて廻る 金魚の尾
 小言にも ひらひらひらの 金魚鰭
 日の当たる 窓際そばの 金魚玉
 灯を消して 金魚と同じ 闇に棲む
 金魚鉢 いつもひとりの ワンルーム
 寝不足の金魚や とろき 泡もらす
 弔ひや 金魚をゴミの ごとつまみ
 夕暮れて ぎょろり目高の 目玉かな
 泳ぐのは 目高の目玉 十余り
 水替へて 精気失せたる 目高かな
 緋目高の死して 空しきひと夜の喪
 ここが好き 目高が群るる 里の川
 目高失す 水嵩ふえし 用水路
 うきくさに 根のある不思議 ただよひね
 掘り出して 剥けば剥くほど 百合の皮

    2022年 夏(8)へ  TOPへ   2022年 夏(10)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
     / 12 / 13 / 14 / 15 / 16
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1