キツネノカミソリ
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホーム
     2022年 秋 ( 6 )   *  
 隣る世に ちちははおはす 秋彼岸
 あの世まで 透けて快晴 秋彼岸
 空は紺 地には火の色 曼殊沙華
 彼岸花 地蔵さまより 畦づたひ
 彼岸花 子攫ひ鬼の 隠れ家に
 咲き群れて どれも淋しや 曼殊沙華
 曼珠沙華 蕊ふるはせて 泣くといふ
 他の色を 拒めば白に 彼岸花
 曼珠沙華 これより先は 黄泉の域
 言ひ寄れる 君の両手に 狐の剃刀
 狐の剃刀とは また物騒な おん名前
 色も香も やさしき花や 狐の剃刀
 だれが手も 借りることなし 草の花
 縄電車 とまればそこが 花野駅
 芒原 この世広きか 手狭きか
 視野余す ほどの芒野 風騒ぐ
 逆撫づる ごとくに葛の 葉裏風
 一木の まとふは重き 葛の枷
 秋風鈴 忘れしころに よく鳴りて
 死してまで 国にたかるや 秋荒ぶ 2022.9.27
 隅掃かぬ 掃除ロボット 秋暑し
 秋風や 無名戦死の 墓いくつ
 原子まで 透き通る秋 膨張す
 六甲は 摂津が高嶺 秋澄めり
 時は秋 黒岩尾根の 大パノラマ
 秋澄むや 百万尺の 彼方まで
 秋澄みて 水深ければ 紺藍に 有馬・滝川
 秋澄みて 須磨アルプスの 大眺望
 馬の目に 青き秋あり 晴れ渡る
 秋澄みて 午後には変はる 空の色
 秋澄みて 山の放てる 星いくつ
 秋澄みて 水は澄まずよ 廃運河 兵庫運河
 どこまでも 墜ちて底なし 秋の空
 澄む秋の夜に聞く 宇宙膨張論
 天高し 場外ファウル フライ打つ
 秋天に まぎれて消ゆる 青き鳥
 パスワード なき人入れず 運動会
 知らぬ子も 鼓舞応援の 運動会

    2022年 秋(5)へ  TOPへ   2022年 秋(7)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
     / 13 / 14 / 15 / 16 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21 / 22
     / 23 / 24 / 25 / 26 / 27 / 28 / 29 / 30
    秋1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11 / 12
    冬1 / 2 / 3 / 4 / 5
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1