大師道の冬紅葉
 
  575 俳子ワールド
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 神戸グルメ紀行
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ
     2022年 冬 ( 1 )   *  
 今朝の冬 両手に包む マグカップ
 今朝の冬 珈琲すでに 生ぬるく
 トーストに 馴染まぬバター 今朝の冬
 今朝の冬 フランスパンを 千切りかね
 逆光の中にや 冬の紅葉燃ゆ
 綾なすも淋し 斜光の冬紅葉
 滅びゆく ものが残照 冬紅葉
 死に頃と 思ふ刹那も 冬紅葉
 散ることに 華やぎありて 冬紅葉
 冬紅葉 きのふの夢は 甘かりし
 凩に 攫はれゆきし 土地訛り
 Blowin’ in the Wind 答えはいつも 落葉なか
 落葉して 欅大樹の 仁王立ち
 わびさびの 心持ちてか 庭茶花
 帰り花 ひたむきにして 咲ききれず
 花びらの 色は薄しも 帰り花
 老いぬれば 帰り花より 忘れ花
 痛さうに 風にあらがふ 冬桜
 触れし手に 木末冷たき 冬桜
 冬薔薇 棘もつものは 孤を保つ
 わが影の ほかに影なき 冬田かな
 西方の 時雨雲より 空崩る
 冬座敷 身ほとりに積む 塵あくた
 風あるか 障子に動く こずゑ影
 北窓を 塞ぎしよりや 部屋縮む
 日を舐めて 牛舎動かぬ 冬の蠅
 雪蛍 その後のことは つゆ知れず
 薬味にと 刻むも細く 九条葱
 冬菜畑 一番星の はや出でて
 もうひとつ 更にひとつと 蜜柑むく
 可笑しかも 蜜柑も我も 臍ひとつ
 湯豆腐に 大豆由来の 醤油の香
 南無八幡 死ぬほど好きな 河豚の肝
 鮟鱇の 干されてなほも 泥臭し
 松葉蟹 食ひし証の 殻残す
 バツイチと 嗤ふ男の おでん酒
 熱燗や 家路の遠き 人となる
 竹馬や 大人見下ろす 視座を得て
 長ずれば 竹馬の視座 定まらず
 この道は いつか来し道 冬夕焼
 戦ひに 勝ちていよいよ 時雨傘
   虚子は、開戦の直後に、
   「戦ひに勝ちていよいよ冬日和」という句をつくりました。
   他にも「勝鬨はリオ群島に谺して」などがあります。
 何ごともなく 十二月八日過ぐ
 平和なり 開戦の日の 来るまでは
 漱石忌 髭豊かなる デスマスク

    2022年 秋(4)へ  TOPへ   2022年 冬(2)

     俳 子 の 俳 句 横 丁

 2022年…新年・冬1 / 2 / 3
    春1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9 / 10 / 11
    夏1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7 / 8 / 9
    秋1 / 2 / 3 / 4
    冬1 / 2
 2021年…俳子の俳句横丁 INDEX 2021
 2020年…俳子の俳句横丁 INDEX 2020
 2019年…俳子の俳句横丁 INDEX 2019
 2018年…俳子の俳句横丁 INDEX 2018
 2017年…俳子の俳句横丁 INDEX 2017
 2016年…俳子の俳句横丁 INDEX 2016
 2015年…俳子の俳句横丁 INDEX 2015
 2011年~2014年…俳子の俳句横丁 INDEX 2011~2014
 2003年~2010年…俳子の俳句横丁 INDEX 1