藍        那  *

   藍那 INDEX…藍那 (春) (夏) (秋) (冬)

             藍         那  ( 夏 )

           夏…大沼や 夏日をはじく 鱗波
             茅花流し 藍那が原の なだらかに

             目離せば 雀寄りくる 麦の秋
             畦入りて 喉むずがゆき 麦の秋

             早乙女や 紺の絣に 赤だすき
             早乙女や 雨の匂ひを まとひつつ

             泥はねを 気にもとめずに 早苗植う
             田を植うる 己が影に 苗をさす

             早苗植う 田面の空に 穴あけて
             手を沈め 土のこゑ聞く 御田植

             日の本の 大いなる尻 田植田に
             植ゑ終へし 棚田に風の 吹きわたる

             じゃがたらの 花盛りなる 貸農園
             暮々の 淡き空あり 薯の花

             天領の 田畑狭しや 桐の花
             届かざる 高みに咲くや 桐の花

             毛虫這ふ 葉裏の影を 波打たせ
             蝶か蛾か 夢か現か 毛虫這ふ

             野に足らず 青田に余す 峡の空
             見下ろせば 掌ほどの 青棚田

             義経の 通りし道や 青田波
             天領や 青田の風の おおらかに

             さみだれて 踏み跡深き 畦の道
             雨恋ふか 妻恋ひをるか 雨蛙
             跳びはねて 草の青より 青蛙

             青沼の 主でおはすか 牛蛙
             照りかへし 強き川面や 濁り鮒 (1980年代の藍那)
             虫飛ぶや 青田に動く 蛙の目

             蜻蛉生る 水は甘きか 酸つぱきか
             水脱ぎて 蜻蛉生まるる 空へ翔ぶ
             蜻蛉生る 翅すきとほる 朝まだき

             夏鴨の 着水鈍き 音立てて
             緑なす 水面ゆらせり 夏の鴨
             夏越の つがひの鴨や 水光る

             木の蔭に 羽休むるや 夏の鴨
             遠くには 飛ぶもかなはぬ 鴨の夏

             夏鴨の 忍音もらす 夕まぐれ
             羽折れし 鴨をとどめて 夏の池

             日当たりて 七星光る 天道虫
             天道虫 死して七星 消え残る

             赤鎧 まとひて強き しざり蟹
             蜊蛄や 藍那が池の 薄濁り

             一草も 揺がさざれば 夏の蛇
             蛇渡る 水尾は汀に 届かざる

             右は三木 左は須磨や かたつぶり (長屋門)
             斑猫や 須磨と三木との 岐れ路

             間氷期 なれば原野を 白素足
             いにしへの 謎めく里や 青葉木菟

             夏草を 分けて野末の 探検隊
             草刈りて あらはになりぬ 棚田跡

             貸農園 となりの瓜は よく育ち

             雑草の 丈より高く 夏薊
             絮もあり 蕾もありて 夏薊
             野辺の朝 色あざやかに 夏薊

             草むらに ひそむ暑さの 抜けがたく
             山風の 抜くるあとさへ 蒸し暑し

             草いきれ 徳川道の 道途切れ
             これよりは 入るをはばかる 草いきれ

             産土の 杜にあまた 蝉の穴
             蝉穴の 底ひに木の根 土の闇

             空蝉の 日当たりをれば 琥珀色
             空蝉の 洞に吹き入る 風の音

             蝉暑し 虫のなきがら 干乾びて
             蝉しぐれ 地の底までも 淋しとき

             里ぬちの 棚田幾重や 大夕焼
             穢土暮れて 浄土輝く 夕焼かな    俳子

              あいな里山夏フェスタ 2017

            キーナの森公園の溜め池

             藍那にある道標
     右(西)に行くと三木、左に直進して南行すると須磨・白川
                              この頁のTOPへ
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

    写真と俳句で綴る
       神戸観光名所歳時記 


 神戸市中央区の名所旧跡
   北野異人館   神戸港 / 神戸空港   神戸ハーバーランド
   神戸元町   三宮 / 神戸旧居留地   布引
 神戸市北区の名所旧跡
   藍那   有馬温泉   しあわせの村   森林植物園
   無動寺 / 六條八幡宮 / 箱木千年家   六甲山
 その他の名所旧跡
   明石海峡大橋   王子動物園   神戸東灘界隈
   古墳 / 遺跡   新開地   須磨   垂水なぎさ街道
   長田・鉄人広場   福原京跡と兵庫津の道
 イベント
   インフィオラータこうべ   神戸ジャズストリート
   神戸ビエンナーレ   神戸まつり   神戸マラソン
   神戸よさこいまつり   神戸ルミナリエ   新開地音楽祭
   だんじり祭り   帆船入港   六甲全山縦走大会