福 原 京 跡 と 兵 庫 津 の 道  * 

 福原京跡と兵庫津の道 INDEX
      福原京跡 (春) (夏) (秋) (冬)
      兵庫 津の道 (春) (夏) (秋) (冬)
      兵庫運河 (春) (夏) (秋) (冬)

         兵    庫    運    河  ( 夏 ) 

        夏…はるかなる海へ 立夏の帆をあげよ (高田屋嘉兵衛 本店の地)
          五月の帆 海に真白き 筋をひき

          沖を行く 嘉兵衛が一帆 風薫る
          海境を 越えても海や 風青し

          初夏や 兵庫運河の 水匂ふ (兵庫運河)
          沖卯波 引かれて軋む 舫ひ綱 (新川運河)
          卯月波 空砲の音 かき消えて (和田岬砲台)

          葉柳の 影の乱るる 運河淵 (兵庫運河)
          夏柳 ゆれて津の道 風の道

          海よりも 先に光りぬ 夏燕 (和田岬砲台)
          臼砲の 弾のごとゆく 夏燕

          さみだれて 兵庫運河の 雨水輪 (兵庫運河 大輪田橋)
          さみだれて 運河水面の 乱模様
          かたつぶり 運河の水の 清かれと

          白南風や 輪田の泊りも 遠からず
          蟹ゐるか 運河底ひの 泥動く

          明易し 泊に潮の 満ち寄せて (新川運河)
          水底に 光たゆたふ 夏運河

          浜涼し 櫂漕ぎ人の 声響き
          手作りの 筏レースや 転覆す

          あいの風 帆掛けて船は 上方へ (北国船)
          あいの風 北の恵みを 船に載せ

          わたなかの 夏の光へ 帆を揚げて (高田屋嘉兵衛 本店の地)
          夏潮の 色濃きなかや 白帆船
          展帆せよ 兵庫泊りに 南風

          高々と 帆をあぐ船や 雲の峰
          真炎天 運河淀みは 日を返し

          夏運河 切子光の まぶしくて
          炎昼や 舟に人なき 船溜り
          帆船の 彼方もくもく 雲の峰

          夕凪や 沖を動かぬ 遠白帆
          夕凪ぎて 泊に満つる 海匂ひ

          夕凪や 兵庫運河の 水淀む
          夕凪ぎて 運河澱みの 舫ひ舟
          夕凪に ゆるり汐満つ 運河かな

          風死すや 重油が匂ふ 造船所
          風死して 塀にはりつく 夕日陰    俳子

         江戸時代後期の兵庫津
     「武庫連山海陸古覧(部分)」  若林秀岳・画

            兵庫運河・大輪田橋
  大輪田橋の支柱には、青銅製のかたつむり飾りが取り付けられています。

          高田屋嘉兵衛顕彰碑
                               この頁のTOPへ
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

    写真と俳句で綴る
       神戸観光名所歳時記 

 神戸市中央区の名所旧跡
   北野異人館   神戸港 / 神戸空港   神戸ハーバーランド
   神戸元町   三宮 / 神戸旧居留地   布引
 神戸市北区の名所旧跡
   藍那   有馬温泉   しあわせの村   森林植物園
   無動寺 / 六條八幡宮 / 箱木千年家   六甲山
 その他の名所旧跡
   明石海峡大橋   王子動物園   神戸東灘界隈
   古墳 / 遺跡   新開地   須磨   垂水なぎさ街道
   長田・鉄人広場   福原京跡と兵庫津の道
 イベント
   インフィオラータこうべ   神戸ジャズストリート
   神戸ビエンナーレ   神戸まつり   神戸マラソン
   神戸ルミナリエ   新開地音楽祭
   だんじり祭り   帆船入港   六甲全山縦走大会