須       磨   *

  須磨 INDEX
    須磨寺 / 綱敷天満宮・春1 / 2    
    須磨離宮・春    
    須磨海岸 / 須磨水族園・春  夏1 / 2  秋/冬
    須磨浦公園・春1 / 2  夏1 / 2    
    その他 須磨・春    

         そ  の  他    須   磨 ( 春 )

        春…早春の 風まだ硬き 奥須磨路 (徳川道・白川)
          須磨の辺に 行方知れずの 春さがす

          梅東風や 京には遠き 琵琶の音 (村上帝社・琵琶塚)
          ひと恋し 都恋しや 梅に風

          白梅の 香りが奥や 須磨の関
          梅東風や 思へば遠き 京内裏

          菅公の 仮の板屋や 燕来る (板宿)
          板宿の 空を一刀 初つばめ

          人形(ひとがた)や 須磨の御禊の 舟を出す (関守稲荷神社)
          山も動け 木の芽草の芽 立つころぞ (奥須磨公園)

          見に行かな 雨に耐えたる 花万朶 (妙法寺川公園)
          華やぎて うすくれなゐの 花の宴

          須磨の辺や 都に遠き 花曇 (関守稲荷神社)
          花過ぎて 風のやさしき 須磨の関

          頃合ひの 花はなけれど 須磨の関
          春雲の やすやす越ゆる 須磨の関

          須磨訪はな 春望月の 出づるとき (現光寺)
          俳聖の 月こそ愛でな 須磨の春
          春宵の 月を待つなら 現光寺

          翁見し 須磨春月に 誘はれ
          須磨の辺に 嘆き見しかや 春の月

          蕉翁の 風雅と言はめ 春望月
          これがかの 春望月か 芭蕉句碑

          藩架(ませがき)の 関所が跡に 春の月 (関守稲荷神社)
          春の月 須磨の山並み 眠らせて

          春霞 須磨のかたへに なびきつつ (高御座山・雄高座/雌高座)
          須磨の辺の はてなる丘の 春霞

          馬の背や 遠六甲の 霞みける (須磨アルプス・馬の背)
          春霞 須磨のかたへに なびきつつ

          もの申す 蛙一匹 須磨が関 (関守稲荷神社)
          わびる気の なくて蛙の 土下座かな

          大名の 愛づやも知れず 山桜 (徳川道・白川)
          嬰のごと 石を抱きてや 榧の花 (白川の石抱き榧)

          たんぽぽや 須磨アルプスが すぐ傍に
          かぐはしき 須磨の若草 摘みにけり

          ひこばえよ 須磨飛び松の 切株に (板宿八幡神社)
          春惜しむ 畿内西の端 須磨が関 (関守稲荷神社)   俳子

             妙法寺さくらまつり

            徳川道(白川)の山桜

             現光寺
                              この頁のTOPへ
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        写俳版
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

   写真と俳句で綴る
      神戸観光名所歳時記 

 神戸市中央区の名所旧跡
   北野異人館   神戸港 / 神戸空港   神戸ハーバーランド
   神戸元町   三宮 / 神戸旧居留地   布引
 神戸市北区の名所旧跡
   藍那   有馬温泉   しあわせの村   森林植物園
   無動寺 / 六條八幡宮 / 箱木千年家   六甲山
 その他の名所旧跡
   明石海峡大橋   王子動物園   神戸東灘界隈
   古墳 / 遺跡   新開地   須磨   垂水なぎさ街道
   長田・鉄人広場   福原京跡と兵庫津の道
 イベント
   インフィオラータこうべ   神戸ジャズストリート
   神戸ビエンナーレ   神戸まつり   神戸マラソン
   神戸よさこいまつり   神戸ルミナリエ   新開地音楽祭
   だんじり祭り   帆船入港   六甲全山縦走大会