ホームへ
                平 清 盛 と 福 原 京 跡 U  *
左写真は神戸大学医学部附属病院正門脇にある立体駐車場。
                           (標高28m)

 ・ここが「楠・荒田遺跡」が発掘された場所で、
     この地は荒田八幡神社の 150m東にあります。

 ・2003年、「櫓跡と推定される特異な掘立柱建物跡、
      およびその南に東西方向39mにわたって並行する
     2本の壕遺構が出土しています。」

 ・「出土した京都系の土師器(はじき)皿の年代観から、
     遺構は福原遷都の時代のものと考えられています。」


左写真は山手熊野神社
       (神戸市中央区中山手通7-28-30・標高40m)。

 ・「楠・荒田遺跡」が出土した地から 830m北東にあります。
   ・昔「宇治野山」といわれた一角にあり、
     宇治物部氏族の創建といわれています。

 ・福原遷都の際に、1180年(治承4)年頃、
     福原遷都造営役の五条大納言藤原邦綱によって再建。
 ・藤原邦綱は、この付近に宇治新亭と呼ばれる邸宅を建て、
     安徳天皇が京都に戻る前に宇治新亭に滞在した
     とされています。


                                                                        
平野祇園神社(神戸市兵庫区上祇園町12‐1・標高64m)

 ・「楠・荒田遺跡」が出土した地から、有馬街道沿いを北へ
    約 1.1km行くと、平野祇園神社があります。
 ・平野祇園神社は、
    有馬街道が山間部を抜けて平野部になる境目にあって、
    すぐそばを天王谷川が流れています。
 ・清盛の時代には、現在の祇園神社の裏山に
    潮音山上伽寺があって、
    清盛は海潮の音を聞きながら、
    経が島築造の計画を練ったといわれています。

 平野祇園神社の公式ホームページ
          http://www.kobe-gionjinjya.com/


                                                          
湊川上温泉(湊山温泉)
          神戸市兵庫区湊山町26-1・標高40m

 ・湊川上温泉(湊山温泉)は天王谷川沿いの鉱泉。
    平野祇園神社の下流すぐの所にあります。

 ・「山槐記」(1179)に「清盛邸を去る一丁(109m)にある
    湯屋へ車で渡らせ給ふ」とあるので、
    清盛はこの地に湧き出ていた鉱泉につかって、
    病を癒したかと推測されます。
 ・湊川上温泉(湊山温泉)の写真左手(北側)には山が迫り、
    右手(南側)すぐを天王谷川が流れています。


                                                                 


湊川上温泉(湊山温泉)で湯浴みをした後、
   「雪見御所跡」の碑の西にある町・夢野を訪ねました。


左写真は、雪見御所跡碑のすぐ西にある石井橋。
               (石井川右岸から撮影しました)

 ・すぐ北側に六甲山系(菊水山)の急斜面が迫っています。 


                                                                    
石井川にかかる石井橋を渡って、約 500m西進すると、
   夢野八幡神社がある兵庫・夢野の地にたどり着きます。


夢野八幡神社(神戸市兵庫区氷室町1-5・標高50m)

 ・平清盛が都の守護のため守護神として1177年に創祀。
 ・平清盛はここに別邸「萱の御所」(平教盛邸)を建て、
    後白河法王を一時、幽閉しました。

 ・夢野八幡神社は雪見御所の北西、山際の高台にあって、
    福原荘全域を見守る地に創祀されました。


                                                                              

氷室神社(神戸市兵庫区氷室町2-7・標高70m)

 ・夢野八幡神社のすぐそばにあります。
 ・仁徳天皇の兄に当たる額田大中彦皇子が遊猟の際に
    氷室を発見し、仁徳天皇に氷を献上した故事に
    よって、氷室神社と呼ばています。

 夢野八幡神社や氷室神社の近くに清水が湧き出ていて、
   ここらあたりに、源平合戦のとき、平教経が陣取った
   ことから、夢野清水は「陣馬の井」と呼ばれています。


                                                          

熊野神社(神戸市兵庫区熊野町 3-1-1・標高40m)

 ・平清盛が福原に遷都した際、後白河法皇の崇敬のあつ
    かった紀州熊野権現を勧請し、この地に祭祀しました。


熊野神社は、夢野八幡神社の南西の高台にあります。
    夢野八幡神社や熊野神社があるあたりは、
    雪見御所から見ると西北西の方向にあり、
    雪見御所を見下ろせる高台にあります。


                                                                       
左写真は熊野神社の鳥居。
    熊野神社手前の道路は東北東方向に下っています。
    熊野神社の南側はやや急な坂になっています。
    会下山(標高54m)は熊野神社南1kmの所にあります。

ここら辺一帯は、源平合戦のとき、平家随一の猛将・平 教経が
    陣取ったことからも容易に推測されるように、雪見御所の背後を
    かためる最重要軍事拠点・兵站基地だったかと思われます。
そして、二重壕をめぐらし逆茂木を重ねて陣を固めた
    楠・荒田遺跡の武家屋敷(標高30m)や、
    荒田八幡神社近くの平頼盛の山荘(標高25m)、
    祇園遺跡邸(標高30m)、山手熊野神社(標高40m)の近くに
    あったとされる五条大納言邦綱の「宇治新亭」などは、
    京都方面よりの攻撃に備える前面の砦だったかと思われます。


平清盛が病死したのは1181年で、享年63歳でした。
   清盛は最晩年の10余年を雪見御所で過ごしました。

清盛がこの地に住んで尽力したことはふたつ。
   ひとつは娘・徳子の産んだ安徳天皇を擁し政治の実権を
   握る。もうひとつは、福原の都を軍事要塞化すること。

源氏との戦いに勝利し、清盛なきあとも繁栄し続ける…福原
   を難攻不落の砦とすることは、清盛晩年の悲願でした。


 左写真は「浄海入道 清盛」像 (兵庫区下三条町)


                                                                        
そして清盛の死から 3年後(1184年)、清盛が想定した
   場所で、ほぼ想定した通りの合戦が起こりました。
   平家は地の利を得て源氏との合戦に勝利するはずでした。
 が、結果は清盛が想定したようにはなりませんでした。

天才的軍略家・清盛が知略の限りを尽くして造った
   軍事拠点に拠って戦ったのに、平家はなぜ敗れたのか ? 
   次のページにて論じます。


 左写真は「柳原義達 作・清盛像」 (兵庫区切戸町)

                        
                           前のページへ   このページのTOPへ   次のページ

      福原京と兵庫津の道を訪ねて


  ・平清盛と福原京跡T / 平清盛と福原京跡U
  ・一の谷と福原京をつなぐ道(平家編)T / 一の谷と福原京をつなぐ道(平家編)U
  ・一の谷と福原京をつなぐ道(源義経編) 開戦前後の義経
                       義経の奇襲T / 義経の奇襲U
     (須磨一の谷関連:源平・歴史ウォーク 一の谷合戦・坂落としコース
  ・源平一の谷の合戦 余話
    平清盛参詣道と丹生山田の郷
    義経進軍路の謎  義経進軍路の概略 / 三草山の戦い / 義経と丹生山田の郷
            藍那〜鵯越
              写真集<鵯越からの道>(1)高尾山から須磨への道
                         須磨一ノ谷の道
              写真集<鵯越からの道>(2)鵯越筋への道T
                          鵯越筋への道U
              写真集<鵯越からの道>(3)藍那・相談ヶ辻
              写真集<鵯越からの道>(4)夢野・福原京跡への道T
                          夢野・福原京跡への道U
           土肥実平軍の進路 / 平家敗走の時系列
              写真集<塩屋から平家須磨砦への道T>
              写真集<塩屋から平家須磨砦への道U>
    生田の森の陥穽T / 生田の森の陥穽U
    一の谷の迷路
  ・神戸観光名所歳時記 福原京跡と兵庫津の道