ホームへ
                平 清 盛 と 福 原 京 跡 T  *
「福原遷都まつり 829年祭」
          撮影場所:宝地院 前
 ・福原遷都まつりは、平清盛が京都から福原に都を移した
    史実にちなんだお祭り。平家一族が京都から福原を
    訪れた模様を再現した総勢200人のパレードが
    平野町内を練り歩きます。
 ・福原遷都まつり 829年祭概要
    2009年6/27(土) 10:00〜 於:平野小学校くすのき校舎など
    平安時代パレードには 200人以上の方が参加。
     コース:宝地院出発(11:00)〜平野市場(商店街)
          〜天王橋〜雪見御所の碑〜
          平野小学校くすのき校舎到着(12:30)
    コンサート&アトラクション(13:30〜)なども

                                                                              


 宝地院(神戸市兵庫区荒田町3-17-1 )

 ・福原遷都まつりパレードの出発点になっているお寺です。

                                                                    

 宝地院の由来
 ・宝地院は、安徳天皇の菩提を弔うために
    弘安 2(1279年)に建立されました。
 ・この近辺あたりに平清盛の弟・池の大納言頼盛の
    山荘(別荘)がありました。
 ・福原遷都の際には、この頼盛の山荘が
    安徳天皇の安在所となりました。     

                                                                   

 福原遷都八百年記念の碑
 ・ 昭和五十五年の福原遷都八百年にあたり、
     神戸史談会により建てられました。
 ・この碑は荒田八幡神社境内にあります。

                                                               

 荒田八幡神社
      (神戸市兵庫区荒田町 3-16-1・標高24m)
 ・すぐ南西にある宝地院にあった八幡社を明治初年の
    神仏分離によってこの地に合祀してできました。
 ・荒田八幡神社は、周辺より少し高台に建っています。

                                                                  

 史跡安徳天皇安在所址
 ・治承4年(1180年)6月3日、福原へ遷都を行った際、
    平頼盛の山荘に安徳天皇が入られました。
 ・安徳天皇が荒田の地にいたのは1日だけで、
    翌日には「雪の御所(平清盛公の邸宅)」に
    移ったといわれています。

                                                                  
 平清盛の邸宅と伝える「雪見御所跡」の碑(標高30m)
     神戸市兵庫区雪御所町2-1 湊山小学校の北西角
 ・平清盛は仁安2年(1167年)に太政大臣を辞して隠居、
     病を癒すために、没するまでの約十年間を、
     この「雪見御所跡」の碑近くにあったとされる邸宅・
     雪見御所で過ごしたといわれています。
 ・安徳天皇は、雪見御所のすぐ北(堂仏)に建てられた
     「本皇居の平野殿」で半年を過ごしました。

                                                                                
 左写真は、「雪見御所跡」の碑のそばに立てられた
         雪見御所案内板で広報されている古地図
 ・左地図の「雪御所」に清盛の邸宅がありました。
 ・清盛の屋敷建物は、現・湊山小学校の敷地より少し北側にあり、
    現・湊山小学校の敷地内に清盛屋敷の庭園がありました。
    雪御所遺跡第一次発掘調査で、この庭園のものと
    おぼしき石垣がみつかり、「雪見御所跡」の碑の石は
    このときに発掘された石が使われています。
 ・左地図の「堂仏」に「本皇居の平野殿」があり、
    安徳天皇がここで半年を過ごしました。
 ・左地図の「湊山」の地から、宴会で使われていたと
    思われる素焼きの陶器の土師器、
    玳玻天目小碗を含む中国製陶磁器や、
    均正唐草文宇瓦などが数多く出土しました。

                                                                                  
 左写真は、「雪見御所跡」の碑のそばに立てられた
                     雪見御所案内板全文
 ・「雪見御所跡」の碑がある地一帯が
     福原遷都の際の中心地であったと推定されています。
 ・が、この地に都があったのはわずか半年で、
     京都での政情不安のために平安京に還都(1180年)が
     行われて、福原京造営は夢と消えることになりました。
 ・雪見御所は、清盛亡き後、平家が1183年
     源義仲に追われて都落ちした際に、
     平家自らの手で焼き払らわれました。

                                                                
祇園遺跡(神戸市兵庫区神田町・平野交差点そば・標高30m)
     「雪見御所跡」の碑より市道山麓線を、
     東に約 100m行くと天王谷川があり、この川を渡って、
     更に東へ約 100m行くと祇園遺跡があります。
 ・祇園遺跡は、平成5年度、国道428号線の拡幅工事に
     伴う調査で発見され、計14回の発掘調査が行われて、
     平安時代後期の掘立柱建物が3棟、
     井戸が2基、柵列が1条、溝1条、
     弥生時代中期から後期の竪穴建物が5棟、見つかりました。
 ・今回の調査で見つかった平安時代後期の遺構は、
     12世紀後半から12世紀末に属するもので、
     福原遷都前後の時期に限定されます。
 ・また、今回見つかった邸宅は、平家に関係する貴族層に仕える
     地元有力者のものであった可能性が高い とされています。

                                                                    


左写真は、区画溝から出土した陶磁器。
    (祇園遺跡・発掘現場そばに立てられていた
     案内板より無断転載)   

                                                                                

 神戸市兵庫区神田町・平野交差点を北へ
     有馬街道沿いに 100m行くと、
     左写真の地(兵庫区上祇園町)にでます。
 ・この地でも平安時代後期の遺構が見つかっており、
     現・平野交差点辺り一帯に平家屋敷群があったと推測されます。

                                                                    

兵庫区上祇園町の祇園遺跡では、
     輸入陶磁器や京都系の土師器などが
     多数出土しました。
左写真は祇園遺跡で見つかった「京都産軒平瓦」。
              (大輪田泊「歴史館」の展示品)

                        
                 このページのTOPへ   次のページ

       福原京と兵庫津の道を訪ねて

  ・平清盛と福原京跡T / 平清盛と福原京跡U
  ・一の谷と福原京をつなぐ道(平家編)T / 一の谷と福原京をつなぐ道(平家編)U
  ・一の谷と福原京をつなぐ道(源義経編) 開戦前後の義経
                       義経の奇襲T / 義経の奇襲U
     (須磨一の谷関連:源平・歴史ウォーク 一の谷合戦・坂落としコース
  ・源平一の谷の合戦 余話
    平清盛参詣道と丹生山田の郷
    義経進軍路の謎  義経進軍路の概略 / 三草山の戦い / 義経と丹生山田の郷
            藍那〜鵯越
              写真集<鵯越からの道>(1)高尾山から須磨への道
                         須磨一ノ谷の道
              写真集<鵯越からの道>(2)鵯越筋への道T
                          鵯越筋への道U
              写真集<鵯越からの道>(3)藍那・相談ヶ辻
              写真集<鵯越からの道>(4)夢野・福原京跡への道T
                          夢野・福原京跡への道U
           土肥実平軍の進路 / 平家敗走の時系列
              写真集<塩屋から平家須磨砦への道T>
              写真集<塩屋から平家須磨砦への道U>
    生田の森の陥穽T / 生田の森の陥穽U
    一の谷の迷路
  ・神戸観光名所歳時記 福原京跡と兵庫津の道