松  の  花  *

          春…花なのか 花でないのか 松の花
            松の花 目立たぬことを 旨として

            松雌花 高きによりて 風を待つ
            松花粉 太古の匂ひ 風にのせ

            松の花 古雅を愛する ともがらに
            松の花 末世のことは 風まかせ    俳子


              雌花 (薄い赤紫色部分)

              真上から見た雌花

                雄 花

                一年後

     前頁(松の芯)へ  この頁のTOPへ  次頁(林檎の花)
   「松の花」関連ページ…松の芯(春) 松手入(秋) 色変えぬ松(秋)
                新松子(秋) 松ぼくり(秋) 初松籟(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版