桜    鯛  *

         春…潮速き 明石が沖の 桜鯛
           五智網を 曳くけばひかりの 桜鯛

           平皿に 尻尾をあます 桜鯛
           桜鯛 背鰭尾鰭の 艶めける

           真魚板に 骨まで見せて 桜鯛
           肉体を 脱げば荒骨 桜鯛
           桜鯛 さばけば光る 鱗片

           捌きても 酒徒に食はすな 桜鯛
           銀シャリの ネタはとれたて 桜鯛

           桜鯛 煮ても焼いても 尾頭付き
           宵までに 食べて残すな 桜鯛

           煮こまれて 大往生の 桜鯛 (鯛の姿煮)
           桜鯛 骨むきだしの まま煮らる (鯛の荒煮)
           もたいなや 一夜干しなる 桜鯛 (鯛の一夜干し)

           六甲の 山端に住みて 桜鯛
           瀬戸内の 尾頭つきの 桜鯛    俳子



      前頁(八重桜)へ  この頁のTOPへ  次頁(桜餅)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版