山   桜  *

         春…山桜 咲きそむ前の 薄みどり
          焦るなや 裏六甲の 花遅し

          六甲や 少し遅れの 山桜
          六甲の 雲の高さに 山桜

          奥摩耶や 旅はひとりの 花隠し
          摩耶といふ 仏の山の 桜花

          山桜 峠越えたる その奥に
          山桜 摩耶には広き 神の庭

          奥山の そのまた奥の 山桜
          その上も 下も絶崖 山桜

          遠目には 雲か霞か 山桜
          遠目にも それと知れたる 山桜

          近づけば 山桜みな 色薄し
          山ざくら 白きが空を 奪ひあふ


          吉野いま 一目千本 花万朶 (吉野)
          み吉野の 奥千本の 花万朶

          旅ゆけば 花に雲置く 吉野山
          旅人まで 花に歌よむ 吉野山

          目が点に 深山桜の 輝きに
          たゆとうて 花もさすがの 奥の院

          一目には 疎き千本 桜かな
          奥千本 そのまた奥の 奥の花

          み吉野の 花に遊びし 世捨て人
          西行の花や 散らでももの哀し
          西行の桜や 人を寄せつけず

          花散るや 吉野も奥の 小さき庵
          飛花落花 西行庵は 戸をもたず

          水のこゑ 石の深もだ 山ざくら
          散る桜 風にまぎれて 谷に落つ
          み吉野の 花はさすがよ 谷渡る

          桜散る 谷に道あり 風の道
          世に遠く 咲きて散りゆく 桜かな    俳子

             再度山・洞川梅林の山桜

               石井ダムの山桜

              摩耶山 掬星台の山桜

              菊水山 山頂の山桜

    六甲山のカズミザクラ   撮影地:有馬街道(神戸市北区山田町小部妙賀山)

              金峯山寺仁王門の桜

      前頁(桜蕊)へ  この頁のTOPへ  次頁(八重桜)
「山桜」関連ページ…初花 桜1 / /  朝桜/夕桜 夜桜 落花1 /  花屑 花筏 桜蕊 八重桜(春)
        余花/葉桜 桜の実(夏) 桜紅葉(秋) 冬桜 緋寒桜(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版