朝桜/夕桜/夜桜  *

          春…ひと闇を 散らずにをりし 朝桜
            老い果ての 朝湯朝酒 朝桜
            朝桜 うちの女房は 床が中

            花びらに 翳をひそめて 夕桜
            花翳の 見つめるほどに ゆらぎをり

            夕桜 君くれなゐの 彩ごろも
            夕桜 手折るは誰そ かの人そ
            去りがてに 佇むひとや 紅枝垂

            黄昏れて 老樹桜の 薄明り
            善福寺 枝垂桜の 昏れのこる

            人の世は 移れど須磨の 宵桜
            湯煙と 花でもてなす 有馬宿

            昼月の 色増すころや 花篝
            闇を吐き 闇に消えゆく 宵桜

            花灯り もれきて闇の 艶めける
            宵闇に 浮かびて消ゆる 花衣

            夜桜や 慢ずるほどの 恋持たず
            夜桜や 呼びて応ふる 連れもなく

            酔ひどれの 夜目にも近き 桜かな
            夜桜の 遠きは星の 屑めきて

            夜桜や そばに明るき 燈ひとつ
            池の面の 逆さ夜桜 風の紋

            夜桜に まじる古木に 花はなく
            浮かれ来て 夜風冷たき 桜かな

            夜桜を 愛でるふりして 君が肩
            湯名残か 恋のほてりか 夜の桜

            極上の 花見疲れに 湯くたびれ
            三味の音も 酒も過ぎたり 真夜桜

            闇あれば 間近にせまる 花の息
            夜桜の 花より闇の 息づける

            夜桜に 死者のやすらふ 小暗がり
            夜桜や 縁なきひとと すれ違ふ

            灯を消せば 闇夜に沈む 桜花
            ほの白く 妖気ただよふ 花の闇

            夜桜の 闇の奥より 女夜叉の眼
            花の闇 怨霊の目の 底光る

            闇入れて 妖気ふくらむ 桜花
            夜桜や 闇にざわめき 秘めもして

            夜桜に 滅びの匂ひ 死の香り
            夜桜や 根に怨霊の 胎児抱き

            夜桜の 後ろの闇の 底深く
            桜闇 悪霊どもが 蠢きて

            夜桜を いのち死にゆく ひとと愛づ
            夜桜や 心狂はば 夜叉となる

            夜桜を歩きて 人の外に出づる    俳子

           善福寺の樹齢270年の糸桜(枝垂れ桜)

           須磨浦公園・「須磨観光ハウス 味と宿 花月」の桜


     前頁(桜3)へ  この頁のTOPへ  次頁(落花)
「朝桜/夕桜/夜桜」関連ページ…初花 桜1 桜2 桜3 落花 花屑 花筏 桜蕊(春)
         山桜 八重桜(春) 余花/葉桜 桜の実(夏) 桜紅葉(秋) 冬桜 緋寒桜(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 春


 俳子のインターネット歳時記 写俳版