揚  羽  蝶  *

          夏…君放つ 影より出でて 黒揚羽
            路地裏の 百花繚乱 黒揚羽

            揚羽蝶 花から花へ 酔ふごとく
            野の花に 恋をするかに 揚羽蝶

            黄揚羽や 空へ金粉 こぼし飛ぶ
            心まで 伝はる羽音 黒揚羽

            あるだけの 色を集めて 黒き蝶 (季:春)
            一瞬や 烏揚羽の 影光る
            ひかり野へ 残像白き 黒揚羽

            黒揚羽 舞ふを見ている みずら髪
            黒揚羽 追ひて思はぬ ところまで

            蝶好む 水の淀みて 清からず (季:春)
            黒揚羽 濁れる水を 呑みもして

            揚羽蝶 年増盛りの 黒ドレス
            揚羽蝶 酔生夢死の 星が下

            六甲の 貴公子然と 碧揚羽
            貴公子のやうに 青条揚羽翔ぶ    俳子

               モンキアゲハ

                アオスジアゲハ

     前頁(夏草)へ  この頁のTOPへ  次頁(夏の蝶)
「揚羽蝶」 関連ページ…初蝶 蝶1/(春) 夏の蝶(夏) 秋の蝶(秋) 冬の蝶 凍蝶(冬)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版