蘆  茂  る   *

          夏…里曲より 高き川筋 蘆茂る
            根元まで 水近づけて 蘆茂る
            川の面の 見えざるほどに 蘆茂る

            蘆生ふる 川や蛍の 棲むといふ
            蘆茂る 根元流るる 水を飲む

            青蘆や 中にひともと 折れをりて
            蘆茂る 原や鳥伏す 声もなく

            嘴を 開くも派手に 行々子
            葭原や 日暮れを告ぐる 鳥の声    俳子


               秋の蘆

      前頁(青芒)へ  この頁のTOPへ  次頁(青芝)
     「蘆茂る」関連ページ…蘆の角(春) 蘆刈(秋) 枯蘆(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版