夏  帽  子  *

         夏…美少女の 花柄リボン 夏帽子
           高原の少女や 白き夏帽子

           夏帽が好き ギンギラの外が好き
           夏帽に 隠しきれざる 小麦肌

           夏帽を マイ・フェア・レディ なる君に
           うら若き きみ変身の 夏帽子

           夏帽を 押へて風の いくを待つ
           夏帽の 中にも飛沫 弾けくる

           逆光の 中を颯爽 夏帽子
           風が好き 吾より離るる 夏帽子

           紺碧の 海まで飛べり 夏帽子
           遠き日の はるか空へと 夏帽子

           夏帽と 網と水筒 虫眼鏡
           夏帽の 少年かけて 野末まで


           色褪せて 姉のおさがり 夏帽子
           夏帽を むつかる吾子に 無理やりに

           夏帽を 目深に母の まなこざし
           夏帽の つば奥よりや 深まなざし

           夏帽の 母まなざしの 濃やかに
           遅れ来し バスに乗りこむ 夏帽子
           妹の手に夏帽 空に土星の輪

           右側に 傾ぎて父の 夏帽子
           夏帽子 つばの蔭より 浮き世見る

           低山を 選りて彷徨 夏帽子
           夏帽子 老いが散歩の 友にして

           風立ちて つば広帽の 下涼み
           極上の 麦稈真田 帽子かな

           六甲の 縦走路行く 夏帽子
           夏帽を 風にとられて 再度越

           登山帽 胸突坂を 登りきる
           登山帽 被れば若く 見ゆるやも

           風涼し 登檣礼の 黄色帽
           夏帽子 目深に北野 ハンター坂

           夏帽に 色の褪せたる 旅鞄
           取り出せば 潮の香強き 夏帽子
           我よりも わが匂ひする 夏帽子    俳子

      井上 なぎさ 作 『太陽の子』     於:しあわせの村・中央緑道





     前頁(日傘)へ  この頁のTOPへ  次頁(扇/団扇)
         「夏帽子」関連ページ…冬帽子(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版