若    葉  *

          夏…萌えいづる 若葉が音か 瀬の音か (生田川上流)
            新たなる 若葉一葉 ほぐれそむ

            山に呼気 木々には吸気 若葉萌ゆ
            若葉萌ゆ 新梢出でて 樹はなやぐ

            山水に 径あり若葉 萌えいづる (地蔵谷)
            木は森に 森は若葉の 山となる

            六甲は 萌黄浅黄の 初若葉
            坊主山 なりしは昔 若葉萌ゆ

            若葉萌ゆ 山騒々と 寂々と
            水音に 和すかに揺れて 谿若葉

            朝日さす 若葉しづくの うすみどり
            若葉して 空に透けたる うすみどり

            山風に 揺るる木漏れ日 谷若葉
            谷深し 若葉透かしの 空黄色

            トンネルの 出口の明かり 山若葉
            浅緑 深緑して 山若葉

            山若葉 等高線を 攻め上る
            山若葉 遠近法を はみだして

            飛ぶ鳥の 肺青きまで 山若葉
            六甲を 埋みつくして 山若葉
            谿若葉 こゑを発さば 谿こだま

            遠来の 雨細やかに 若葉山
            山若葉 雨も明るく 降ることよ

            吸ふは爽 吐くは快なり 若葉風
            山若葉 いつもどこかに 風の音

            摩耶山は 八州嶺の 若葉晴
            六甲を 埋みて余る 若葉かな

            若葉して 聖母が像の 首飾り (摩耶山天上寺)
            愛しけやし 若葉明りの 吾子が顔

            目つむりて 目蓋明るき 若葉晴 (再度公園)
            梅若葉 実の小さきを 秘めもして (しあわせの村)

            入母屋の 古き山門 若葉映え (太山寺)
            若葉して 有馬瑞宝 門跡寺 (有馬・瑞宝寺公園)

            虎臥城に 攻めのぼるかに 山若葉 (朝来市・竹田城址)
            城址の 若葉に埋む ごとくして

            若葉道 登りつめても 城はなく (滝山城址)
            若葉して 山路に日の斑 風の紋

            布引の 白瀬青淵 山若葉 (布引の滝)
            若葉して 雌滝雄滝に 夫婦滝

            若葉して 浣心亭の 障子紙 (相楽園)
            静単坐 沈思黙考 若葉風

            若葉風 山の余白に 町を置き
            町若葉 戸毎に違ふ 色甍

            息吐けば 青葉若葉の 風となる
            一山の 青葉若葉を ひとり占め
            六甲の 青葉若葉に 町埋む

            若葉風 決着つかぬ へぼ将棋
            碁敵の うなる一手や 青葉風

            窓若葉 途切れとぎれの トイピアノ
            頬杖を 解かざるままに 窓若葉

            くすぐれば 笑ふややこや 窓若葉
            笑ひても 泣きても嬰児 窓若葉

            窓若葉 重なりあふて 透く緑
            新緑の 窓辺に寄りて ハーブティ    俳子

                再度山(再度公園)

                神戸市立森林植物園

                太山寺仁王門

  前頁(ハンカチの木の花)へ  この頁のTOPへ  次頁(若楓)
 「若葉」関連ページ…若楓(夏) 樟若葉(夏) 柿若葉(夏) 橡若葉(夏)
            新緑1(夏) 新緑2(夏) 万緑(夏) 緑陰(夏)
 575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
   ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 夏


 俳子のインターネット歳時記 写俳版