秋  深  し   *

        秋…六甲の 深山奥山 秋深し
          秋深し 木末あまねく 色づきて

          秋深し 森の奥より 鳥のこゑ
          秋深し 葉音にまじる 風の音

          深秋に 摩耶の山てふ 御神
          深秋の 神戸やレトロ モダン街

          歩をとめて秋 ふりむきて秋深し
          ふりむけば 深秋の影 濃かりけり

          灯をともせ 闇の秋寂ぶ 夜なれば
          秋深し 灯りともせば 影ひとつ

          天に星 地には海山 秋深し
          秋深し 闇がなければ 星もなく

          歌姫の 柳眉愁声 秋深し
          秋闌くる 老ジャズメンの 息遣ひ

          深秋の しらべは深し 須磨が琵琶
          深秋に 七宝焼の 耳飾り

          赤錆びて 朽ちし彫刻 秋深し
          諳んずる 学庸論孟 秋深し

          深秋や タルトタタンを 召し上がれ
          秋の夜 タルトタタンの 香りして

          秋深し 醤油一滴 千の味
          もてなしの 皿いろいろに 秋料理
          秋闌けて 古木ワインの 深香り

          秋深し 息をするにも 五七五
          秋深し 俳句にならぬ ものはなし

          深秋や かくも短き 詩も万に
          つまらなき 世とは思はじ 秋深し

          独生独死 独去独来 秋深し
          秋深し 我もひとりの 異邦人

          耳奥に しむる風音 冬近し
          深秋や 声なきを聞き 風を見る   俳子


               しあわせの村

        しあわせの村の彫像 「詩人一生を詩う」

    前頁(文化の日)へ  この頁のTOPへ  次頁(晩秋)へ
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版