秋 の 七 草  *

          秋…萩尾花 その他は言へず 秋七草

            一は萩 二は藤袴 三尾花
            朝顔に 葛と撫子 女郎花

            受けとめて 手よりこぼるる 萩の花
            花なれば はくにはかれぬ 藤袴
            花すすき 薄暮が色の 失せやすく
            朝顔の 伸びゆく先の なかりけり
            照れば華美 翳れば野卑に 葛の花
            やさしさの 極みに咲けり 小撫子
            女郎花 探しあぐねて 日の暮るる    俳子

                  萩の花

                                   
                 藤  袴

                 尾 花

               朝  顔

                                        
                葛の花

                撫  子

                 女郎花

      前頁(桔梗)へ  この頁のTOPへ  次頁(萩)
「秋の七草」関連ページ…  藤袴  尾花  朝顔    撫子  女郎花
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版