天  の  川  *

          夏…麦熟れの星や 涙腺ゆるむ夜

            中天の 大三角の 星涼し
            光年の 此方彼方の 星涼し

            巻貝の 渦の中なる 夏銀河
            星雲の はるかよりかや 風涼し

          秋…彦星や 星の王子の 住むといふ
            女星へと 億光年の 逢瀬行

            ゆきあひの橋や 渡るも天翔けて
            逢ひにゆく 鵲の橋 揺らしても

            星今宵 胸の炎が 星となる
            ゆきあひの橋や をのこの影白し

            星の妻 肩をだくには 君遠く
            天外の 闇深うして 天の川


            銀漢や 水惑星に 仮寝して
            銀河見る 地球の陰に 身をひそめ

            六尺に 足らざる我に 大銀河
            穴ふたつ より銀漢の 大虚見る

            一寸の 目の玉ふたつ 銀河見る
            銀漢の ひとつを抓む 仕草して


            ときめくや 銀河瀬音の かそけくて
            ひと恋へば 地の果て遠く 銀河垂る

            天の川 星の雫を したたらせ
            銀河より こぼるる雫 両の手に

            愛あらば 君が息より 天の川
            天垂るる 銀河の淵に 溺れたし

            小夜更くる 空のまほろば 天の川
            流されて いのちのはての 天の川

            青空の ほかは見えずよ 昼銀河
            人の世の 闇もちあげて 天の川

            銀河にも しがらみあるや 星軋む
            今生の 名残りと仰ぐ 天の川

            わが庭は 銀河が真中 発句出づ
            銀漢や 仰ぎて天に 愧(は)ずるなく


            銀漢の 膨張音を 聞く夜更け
            銀漢の かの星よりか 暗号文

            渦巻くや M51 大銀河
            ヒトゲノム 空まではねて 天の川

            光学式 プラネタリウム 大銀河
            心眼で 見れば見ゆるぞ 昼銀河

            我なくも 星河星斗は とこしなへ
            虫けらも 銀河も同じ 宙に浮き

            銀河濃し 隙間の闇も 濃かりけり
            銀漢や 暗黒星を 秘めもして

            銀漢へ 続く極北 滑走路
            湖の 銀河渡りて 天漢へ

            銀漢へ 旅立つひとや 影薄し
            人声や はるか星河に 届かざる

            銀河へと いざなふ地とや 掬星台
            星河へと 時空をこゆる 夢の旅

            神戸発 六甲経由 銀河行き
            天の川渡る 星屑鳴らしつつ

            国生みの 島に銀河の 端垂れて
            海凪ぎて 淡路へ傾ぐ 天の川
            練り櫂を こげば乱るる 天の川

            幾山河 越え去りゆけど 大銀河
            闇匂ふ 故山にかかる 銀河かな    俳子

          しあわせの村・研修館の展示品

     前頁(月2)へ  この頁のTOPへ  次頁(星月夜)
         「天の川」関連ページ…冬銀河(秋)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版