芙     蓉   *

          秋…草庵や 朝戸をくれば 白芙蓉
            白芙蓉 朝の空気の 甘うまく

            花ひだの くれなゐ深き 酔芙蓉
            雨の日は 紅もほのかに 酔芙蓉

            朝は白 夕べは紅の 酔芙蓉
            白と咲き 紅と散るなり 酔芙蓉
            けふ色の 芙蓉もあすは あすの色

            花芙蓉 人は優しき 心持つ
            柔らかき 言の葉少し 酔芙蓉

            移ろひの はや色にでて 酔芙蓉
            妻老いて われも老いたり 酔芙蓉

            実芙蓉の 静かなる破裂 種散らす
            年経れば 乾く悲しみ 芙蓉の実    俳子


                         


                                 
                スイフヨウ              
            スイフヨウ   写真は午後4時頃撮影
       スイフヨウは、フヨウの八重咲き種。
  写真左上にある蕾は白色。夜から未明にかけて白い花を咲かせ、
  時がたつにつれて、写真中央のように段々とピンクにかわって、
夕方から夜にかけてさらに赤くなり、翌朝には写真右下のように赤紫にしぼみ、
     程なく離脱して、黄緑色の実が後に残ります。

              アメリカフヨウ

 
    前頁(風船葛)へ  この頁のTOPへ  次頁(カンナ)
        「芙蓉」関連ページ…枯芙蓉(冬)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版