墓     参   *

         秋…父母の名 祖父母の名あり 墓洗ふ
           墓洗ふ 孝ならざるを 詫びもせで
           墓洗ふ 古き閼伽水 かへもして

           風のごと なれ去りゆけり 盆の花
           掃苔や 子らより父母に 親しみて

           亡き人は なべてやさしも 墓洗ふ
           墓洗ふ 叱られ下手の 我なれば

           墓洗ふ 墓地が底ひの 声聞きつ
           墓洗ふ 逢ひたき人は 闇が底

           別れとて ほんのつかの間 墓洗ふ
           墓参 この世の話 あれこれと

           一石を 撫づるが供養 墓洗ふ
           墓洗ふ 震災の疵 なぞりつつ

           いくさ果て 骨なき墓を 洗ひけり
           墓地の秋 とはに墜ちざる 特攻機

           ふるさとの 話いろいろ 盆の客
           異郷にて 先祖と話す お盆過ぎ

           腹に臍 寺に墓あり 魂迎ふ
           迎火を 焚けや無縁の 仏にも    俳子

               外国人墓地

                鵯越墓園

     前頁(車前子)へ  この頁のTOPへ  次頁(盆踊)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版