*

          秋…鵯の 餌はむときの 右顧左眄
            飛び沈み 飛び浮きもして 鵯鳴けり

            鵯の 睦めば声の 和やかに
            危しと 思へば鵯の 声尖る

            鵯や 鵯越を 越え飛べる
            鵯鳴くや 義経駈けし 坂の上

            青空に 音符 残して 鵯飛べり
            山坂を 越えて鵯 鳴き渡る

            鵯鳴きて 鵯越に 声を研ぐ
            ふるさとの 音のひとつに 鵯の声

            鵯老いぬ 野づら山づら 飛び倦みて
            羽根折れし 鵯は飛ばずや 峡の空


          冬…群鳥に 食べ尽くされし 冬木の実
            山里の 冬鳥騒ぐ 餌なきと

            山里や 鵯の寒声 こだませる
            庭に来て 人に糞する 冬の鳥

            あちこちに 鳥の糞跡 冬終る    俳子





               ヒヨドリの巣

     前頁(鵙)へ   この頁のTOPへ  次頁(烏瓜)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版