鬼     燈  *

          秋…鬼燈を もむ子鳴らす子 赤ほつぺ
            鬼燈の 鳴らぬを惜しむ 幼なかな

            虫鬼燈 幼きころに 置き忘れ

          冬…過ぎし日の 冬鬼燈の うろが音
            冬鬼燈 思ひ出みんな 過去分詞    俳子

                 ホオズキの花と実(6月上旬)


       前頁(蓮の実)へ  この頁のTOPへ  前頁(太刀魚)
  575 俳子ワールド
 俳子の俳句横丁
 俳子のインターネット歳時記
        INDEX版
 神戸観光名所歳時記
 須磨・句碑めぐりの旅
 俳子の守破離俳句
 俳子の独断状
    ホームへ

 俳子のインターネット歳時記 秋


 俳子のインターネット歳時記 写俳版